Blog

GoogleAdSenceの審査に通らない!合格するための6つのコツ

adsence-examination

悩んでる人
GoogleAdSenceに申請したけど通らない!何度やっても合格できないから心が折れそうです。GoogleAdSenceの審査に通るコツが知りたい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • GoogleAdSenceの審査に通る6つのコツ
  • GoogleAdSenceで再審査で気を付ける3つのこと

 

ブログをマネタイズする主な手段としてGoogleAdSenceの広告があります。

 

このGoogleAdSenceで発行された広告をブログに掲載し、ユーザーが広告をクリックをしてくれることで収益が発生するという仕組みです。

 

ところがこのGoogleAdSenceで広告を発行するには審査が必要となります。

この審査がかなり厳しくてなかなか通ることができません。

 

かく言う僕も半年以上かけてやっとGoogleAdSenceの審査に通った人間です。

審査に合格するまでは様々な記事を読み漁り、さまざまな意見を参考にしながら20件以上の記事を更新しても不合格になる日々。

 

様々な記事を見ていると「3記事で一発合格しました!」というような記事がありますが、それを参考に記事を書いてもGoogleAdSenceの審査に通過できません。

 

Googleから「価値のないコンテンツのため」という通知を見るたびに自分に価値がないのだと落ち込みました。

 

そんな僕でもちゃんとGoogleAdSenceの審査に通って、今ではマネタイズもできるようになりました。

 

今回は審査に合格するために試行錯誤してわかった、GoogleAdSenceの審査に通るための6つのコツをお伝えしていきます。

 

まだブログを作っていないという人はこちらの記事からどうぞ。

≫【初心者向け】WordPressブログの始め方をわかりやすく解説

GoogleAdSenceの審査に合格するために必要なこと

blog-point

近年はGoogleAdSenceの審査が一層厳しくなってきています。

少し前までは数本記事を書けば審査に合格できていましたが、今では参入者が多くなったため厳しくなりました。

 

厳しくなったと言っても審査が通らなくなったわけではありません。きちんと価値がるコンテンツさえ提供できれば審査に合格できます。

 

さっそくGoogleAdSenceの審査に通るための6つのコツをご紹介していきます。

 

YMYLジャンルを選ばない

GoogleAdSenceの審査に合格するために一番重要なのがブログのジャンル選定です。

特にYMYLを選ぶとほとんど審査に通ることができないので絶対に避けるようにしましょう。

 

YMYLとはYour Money or Your Lifeの略で「お金や健康に関するジャンル」を指します。

お金や健康に関してはより情報の正確性や信ぴょう性が求められるジャンルになるため、立ち上げたばかりのブログで審査が通ることはほとんど無いと思いましょう。

 

副業でブログを書く人は、資産運用や節約などといったお金に関する内容に興味が強いため、YMYLに関する記事が書きやすくなります。

まさしく僕もYMYLで記事を書き続けて、審査に落ち続けていました。

 

いろいろと工夫したものの半年が経過し、資産運用に関する記事をすべて非公開にしたところで合格の通知が届きました。

 

ブログ初心者はまずYMYL以外の記事を書くようにしましょう。

 

今では少しは良くなったものの当初のライティングスキルはひどいものでした。

その状態でも審査に通ることができたので、逆に言えばYMYL以外の記事をアップしていけばそれほど合格するのは難しくないと言えます。

 

ブログの方向性としてYMYLに関するブログを作っていきたいという人は、例えば働き方に関する記事を書いていきましょう。

 

いずれ資産に関する記事ににつなげられる記事をアップしておいて、GoogleAdSenceの審査に通ることを優先させてみてください。

 

最低限の初期設定をする

GoogleAdSenceの審査を申請する前に最低限必要な初期設定をしておきましょう。

 

ここでいう初期設定とは以下となります。

GoogleAnalyticsの設定
GoogleSearchConsoleの設定
・サイトポリシーの設置
・サイトマップの設置
・お問い合わせフォームの導入

 

この5つの初期設定はブログ運営をしていく上で最低限必要となってきます。

 

またGoogleがブログの記事情報を取得するためにSearchConsoleを通してサイトマップを読み込むため、Googleに評価をしてもらうためには設定しておきたい内容になります。

 

導入は簡単なのでGoogleAdSenceの審査に申請する前にやっておきましょう。

 

10記事以上はアップする

よく「少ない記事数でGoogleAdSenceの審査に合格しました!」というような記事を目にします。

 

もちろん少ない記事数でもGoogleAdSenceの審査に通ることはできるのかもしれませんが、少ない記事数で審査に通ったとしても収益は発生しません。

 

少なくともひとつのカテゴリで30近くの記事をアップしていかなければ、見られる数は少ないので収益にはつながりにくいです。

 

まずは10記事を書いてはリライトしてを繰り返し、10本以上の記事をアップしておくようにしましょう。

 

そうすれば自然と価値のあるコンテンツを作り上げていくことができ、GoogleAdSenceの審査にも通りやすいブログになっているはずです。

 

少ない記事数で合格したいと思うと、不合格通知が来たときにモチベーションが下がってしまいます。

 

まずは10記事は書くようにしましょう。

 

1記事あたり1,000文字以上書く

1記事あたりの文字数は少なくとも1,000文字以上は書くようにしましょう。

 

文字数が多ければ良いというわけではありませんが、文字数が少なすぎるとコンテンツとしてみなされない可能性があります。

 

ブログを運営していく上では検索結果で上位に表示することが重要となってきます。

 

検索上位の記事は4,000文字前後のものが多いので、少なくとも2,000文字~4,000文字は書けるようにしておきたいところです。

 

とは言え、GoogleAdSenceに合格するにはそれほどの文字数は必要ありません。

 

いずれ2,000文字~4,000文字を苦なく書き上げることができるように、まずは1,000文字以上の記事を書き上げておきましょう。

 

誰かの役に立つ情報を発信する

ブログを運営していく上でも重要な要素が「誰かの役に立つ情報を発信する」ということです。

 

日記のように自分が書きたいことを書いていても誰の役にも立たないコンテンツができあがります。

 

重要なのはコンテンツが他者からみて価値があるものなのかどうかです。

 

人の役に立つ情報と言うと難しく感じるかもしれませんが、例えば5年前の自分が知らなかったことを10年前の自分に教えるような感覚で記事を書くようにしましょう。

 

5年前の自分と同じ状況の人は必ずどこかにいます。

 

5年前に知っていれば役に立ったという情報を発信していけば、同じ状況の人の役に立つ情報が発信できることになます。

 

アフィリエイト広告は設置しない

GoogleAdSenceの審査に通っていないうちはアフィリエイト広告の設置は控えておきましょう。

 

アフィリエイト広告の設置がNGというわけではないものの、アフィリエイト広告で収益を得るためのサイトと認識させないためです。

 

いずれにせよ、Googleの評価が低く検索順位で上位を取れなければマネタイズは難しいため、まずはGoogleAdSenceの審査に通ることに注力しましょう。

 

同時にアフィリエイト広告を掲載するにはサイトポリシーにアフィリエイト広告に関する文言の明記が必要になります。このサイトのアフィリエイト広告に関する明記も削除しておきましょう。

 

とは言え、ブログをマネタイズ化していくにはGoogleAdSence+アフィリエイト広告が鉄板です。アフィリエイトASPの登録自体は同時に進めておきましょう。

 

登録しておきたい定番ASPは下記にまとめています。

≫ブログ初心者が最初に登録しておくべき定番アフィリエイトASP11社

GoogleAdSenceで再申請する際に気を付けること

examination

GoogleAdSenceの審査に落ちたとしても何度でも再申請ができます。

 

審査に通るまで何度でも再申請をすれば良いのですが、再申請の際に気を付けておきたいことをお伝えしていきます。

 

一週間は期間を空けて申請する

再申請をする場合は少なくとも一週間は期間を空けて申請をしましょう。

 

不合格の通知が来たあとすぐにまた申請すると、機械的に申請していきているとみなされ、Google側でブログをチェックされずに不合格の通知が来てしまいます。

 

Googleから指摘された内容を改善するのはもちろんですが、1記事でも増やしてきちんとコンテンツを充実させてから再申請をするようにしましょう。

 

最低限の初期設定ができているか見直す

前述した最低限の初期設定ができているかは改めて見直しておきましょう。

GoogleAnalyticsの設定
GoogleSearchConsoleの設定
・サイトポリシーの設置
・サイトマップの設置
・お問い合わせフォームの導入

 

「Analyticsが連携できていなかった」など漏れがないかチェックし、上記の5つは確実に設定した状態で再申請をしましょう。

 

絶対に諦めない

一番重要なのが「絶対に諦めない」ということです。

 

Googleから来る不合格の通知には具体的な指摘がありません。そのため、具体的にどこを改善すれば良いのかわからない状態になります。

 

最初のうちはいくつかの改善点が思いつきますが、あらかた対応してしまえば露頭に迷います。

 

何をやっても不合格の通知が来ると「ブログは向いてない」と思って諦めそうになります。ですが、GoogleAdSenceに100%合格できないということはありません。

 

これからブログで収益を作って行くことを決めたところで、絶対に諦めることだけはないようにしましょう。

GoogleAdSenceの審査に合格してからがスタート

celebration

おさらいです。

 

GoogleAdSenceの審査に通るコツは以下の6つです。

・YMYLジャンルを選ばない
・最低限の初期設定をする
・10記事以上はアップする
・1記事あたり1,000文字以上書く
・誰かの役に立つ情報を発信する
・アフィリエイト広告は設置しない

 

上記の6つを守れば審査は通りやすくなるため、参考にしてください。

 

もし不合格の通知が来たとしてもGoogleAdSenceは何度でも再申請ができます。

再申請をする場合は少なくとも一週間は空けて申請するようにしましょう。

 

GoogleAdSenceに晴れて合格できればブログのマネタイズが始まります。GoogleAdSenceの審査に通ってからがスタートです。

 

ブログで収益を得るためにも絶対に諦めずにがんばりましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-Blog
-,

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.