不動産投資

初めての物件購入|購入までの手順

物件を視察して購入する物件を決めるところまでを前回はお話しました。
今回はいよいよ購入手続きです。

購入手続き

全ての段取りをまとめるとこの様な段取りになりました。

・購入物件の決定←今ココ
・申し込み
・銀行の審査
・口座開設
・売買契約
・引き渡し

これからそれぞれの詳細を順番にお話しますね。

申し込み

物件の購入を決めたらまず申し込みです。
申し込みは不動産屋さんがやってくれました。

売り主に対して購入する意思を伝えることで、
仮押さえのようなことが出来ます。

良い物件だと情報が公開されてから数日で申し込みが入ってしまい
順番待ちとなってしまいます。

実際にこれまで申し込みした物件で順番待ちの物件もありました。

順番待ちの場合にどうやって順番が回ってくるかと言うと、
最初に申込した人が銀行の審査を通らなかったなど
何らかの事情で物件を購入しなかった場合に順番が回ってきます。

この申込にあたり前金が必要となります。
仮押さえするために先に50万円を支払うのです。

実際には預けるという形になるので、
購入に至らなかった場合は返金されます。
※返金しないという契約の場合は要注意です。

最終的にはこの50万円も購入金額に含まれますので安心してください。

これで申込は完了です。

銀行の審査

次に銀行に融資を申し込んで審査を受けます。

だいたいの不動産屋さんがお取引のある銀行を紹介してくれます。
いつもお取引している不動産屋さんの紹介なので
審査も通りやすいのだと思います。

特に不動産屋さんからの紹介が無ければ
自分で銀行へ融資の相談に行くこととなります。

僕の場合、最初は不動産屋さんに紹介をしてもらいました。

紹介を受けて銀行の担当者と面談をしたのですが、
向こうはかなり強気な態度で臨んできていた印象です。

おそらく初めてのお取引なのでそういった態度をとって様子を見ていたのだと思います。

銀行の審査なんて初めてなのでかなりドキドキしながら面談に臨んでいました。
そして会話の中で今まで1度も出てこなかったキーワードが出てきたのです。

それが「抵当権」です。
僕も嫁さんも「???」となり、
銀行の担当者に教えてもらうという失態を犯しました。

抵当権とは、返済が出来なくなった時に
銀行が物件を売ってしまって返済に当てるという権利のことです。
簡単に言うと担保の権利です。

融資を受ける時には必ず出てくる単語なので
押さえておいた方が良いと思います。

口座開設

銀行の審査が通れば次はその銀行の口座開設です。

なぜ口座開設が必要になるかというと、
融資はその銀行の口座に振り込まれるからです。

また銀行の口座を開設した後、
引き渡し日までに頭金を口座に入金しておく必要があります。

口座開設は通常時と同じ手順です。
認印と身分証明書を持って行けば銀行の方で手続きをしてくれます。

売買契約

次に売買契約です。

審査が通ってから売買契約の日にちが決まるまでに
わりと時間がかかります。

売買契約書には引き渡し日が明記されるため、
引き渡しが出来る日にちを確定させておく必要があるためです。

ですが、
売り主は本当に購入してもらえる状態にならないと動けないのです。

売り主も融資を受けて物件を購入していた場合に
売買することで負債分を返済しなくてはいけません。
そのための手続きと抵当権を外さないといけないのですが、
それらの手続きを進めている最中に
飼い主側の審査が通りませんでした。では困ってしまうのです。

そのため、飼い主側の審査が通って購入できる状態になってから
売り主は正式に売るための準備に入るため、
時間がかかってしまうのです。

年末近くに物件の購入を考えている方は
頭の片隅にでも置いておいてください。

売買契約では実印が必要になり、
実印であるということを証明するための印鑑証明も必要になってきます。

その辺りは不動産屋さんが事前に通知してくれます。

売買契約は難しい契約書を順番に読んで説明を受けることになります。
説明は売り主側の不動産屋さんから説明を受けることになります。

その不動産屋さんによって契約書も違うため、
内容が難しいですが、よく聞いて理解するように頑張りましょう。

また最初は難しいと思うので
事前に不動産屋さんにもおかしなところがないかを
一緒に確認してもらうようにお願いしておくと良いと思います。

初めて実印を押すのは決意していてもドキドキするものです。
上級者になれば何度も経験するとは思いますが、
楽しみにしておいてください。

引き渡し

売買契約まで済ませると最後は引き渡しです。
引き渡しまでに口座に頭金を入れておくようにしましょう。

不動産屋さんから説明されると思いますが、
頭金とは別にかかる費用もあります。

登記を変更するため司法書士の先生への手数料と
不動産屋さんへの仲介手数料です。

これらも合わせて口座に入れておくか、
別々に封筒に入れて準備しておくと取引がスムーズに進みます。

引き渡しはどこで行うかというと
自分が融資を受ける銀行になります。

銀行で改めて必要書類を記入し、
自分の口座に銀行からお金を振り込んでいただきます。
そしてそのまま売り主の口座に振り込まれるという流れです。

この時に領収書など資料をたくさん受けとることになりますが、
全て保管しておきましょう。

ここまでの流れを経て引き渡しが完了です。

晴れて不動産オーナー

引き渡しが完了すれば晴れて不動産オーナーです。

初めての物件の場合ドキドキが強いのですが、
手元には契約書と後日送られてくる登記簿しか残らないので
なかなか実感が湧きにくかったです。

しかし、翌月から口座を確認すると家賃収入が入ってきます。
自動的に返済されていく数字を眺めて初めて実感が湧いてきました。

今回は僕が最初に物件を購入した時の流れをご紹介しました。

投資物件の購入を考えてはいるけど、
段取りがわからないことで先に進めないという人の参考になれればと思います。

ともかくけん坊もこれで不動産投資を開始することが出来ました。
開始後のことについてはまた次回になります。

それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-不動産投資

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.