育休

育休はじめました


突然ですが僕は昨日から育休を取得することにしました。


昨今では、
よく男性の育休に対するパタハラなどが
ニュースに取り上げられる機会が増えてきましたね。


この育休を取得するまでのことについて
お話ししていきたいと思います。

育休とは

育児休業と育児休暇

育休とは「育児休業」の略になります。


よく育休というと「育児休暇」という人が多くいますが、
休暇ではなく休業です。


育児のために休みを取るという意味では同じなのですが、
休業なので会社から給料も出ませんし、
休暇を取っているのではなく育児をしています。


育休を取ると決まってから周囲の人に言われたのは、
それを理解せずに「育児休暇取って何するの?」
という言葉や「長期休みっていいね」
という言葉でした。


悪気があって言っているわけではない事はわかっていますが、
それでもやはりこちらとしては嫌な気になりました。


それはおそらく女性が産休に入る時に
「お休みに入るのいいね」と言われる時にも
同じような気持ちになるのだろうなと思います。

育休が取得できる期間

原則子どもが1歳になる前日まで取得することができます。


また子どもの保育園が決まらなかった場合など
条件を満たせば、
以下のように延長することも可能になっています。


保育園が決まらなかった場合:最長で子どもが2歳まで
父母ともに育休を取得している場合:子どもが1歳2か月まで

育休中の収入

給料が出ないと言いましたが、
雇用保険から育児休業給付金を受給することができます。


この給付金は180日までは給料の67%、
それ以降は給料の50%が受給できます。


働いていないのにお金をもらうなんて
と思う人もいるかもしれませんが、
これは雇用保険料を支払い続けてきているため、
受給できる権利があるので気にする必要はありません。
[ads]

また所得税、社会保険料、雇用保険料などが免除となります。


収入が下がる分、
翌年の住民税が下がるということもあります。

育休は国の制度

何より言いたいことが
育休は国の制度だということです。

取引先で
「男性も育休が取れるなんて良い会社ですね」
とおっしゃられる方がいたのですが、
育休は会社の制度ではなく国の制度なので
みんなが利用できる制度です。


ですが、
そのことを知らずにいる方が多いということを
目の当たりにしました。


そして会社側も理解していない人が多いのだと思います。


おそらく知っていても
職場環境の問題で利用できないという方もいらっしゃると思いますが、
国の制度なので堂々と利用する人が増えると良いなと感じました。

育休取得を決めた理由

まず
育休を取得する期間ですが
8月~2月末の約7か月間の期間で育休を取得する予定です。


子どもが生まれたのが2月なので2月までの予定なのですが、
このタイミングで取得することになったことには理由があります。


もともと妻と妻の祖母との3人暮らしだったのですが、
妻の出産が里帰り出産だったため、
出産前から妻の実家の方でお世話になっていました。


そして本当なら保育園が決まる翌年まで
お世話になっている予定でした。


ですが、
同居していた祖母が骨折をしてしまい
入院することになってしまったため、
急きょ自宅に戻らないといけなくなってしまいました。


生まれたばかりの子どもがいるため、
妻一人で育児だけでなく、
日中の家事や買い物などをしなくてはいけなくなります。


それまででさえ、
初めての子育てでわからないこともあって不安になったりだとか、
夜泣きなども含めて大変だったのに
それ以上に負荷をかけたくないという思いもあり、育休を取ることにしました。

育休取得を決めてからの流れ

いざ、
育休を取得しようとした際にどう進めればよいのか
案外わからなかったのです。


なぜかと言うと
育休は女性が産休の後にそのまま育休を取得するというケースが多く、
男性が育休を取得するというケースは少ないためです。


そのため、
会社では上司や人事でさえも把握していないという場合があります。


ただきちんとした企業であれば規約に記載しているので確認するようにしてください。


実際に僕が育休取得を決めてからの流れが以下でした。
 ・まずは上司に育休を取得することを報告
 ・上司からさらに上に育休取得を報告
 ・上司から人事に育休取得の手続きを相談
 ・上司による育休取得期間の引継ぎ先を決定
 ・引継ぎ状況を見ながら育休開始日を決定
 ・育休開始


この流れで進むのですが、
各項目で実際はどういう対応をだったかをお伝えしていきたいと思います。

まずは上司に育休を取得することを報告

まずは上司に育休を取得したいということを伝えたのですが、
その時点が5月中旬でした。


期間は2月まで。
できれば7月に入ったら育休を取得したいということを伝えました。


業務の引継ぎの問題で、
時間がかかるようであれば7月中は有休を利用して何日かは出社する
という対応をしたいと言ったところ、
上司から言われたことに衝撃を受けました。


まず
「育休取られたら困るんだけど在宅じゃダメなの?」
と言われました。


そもそも僕の会社では在宅勤務は最大週3日までなので、
その辺りも理解せずに言っているのだなと思い、
もう一度丁寧に状況を説明しました。


すると
「そもそも育休取る必要あるの?世の中のだいたいの人が奥さん一人でやってるじゃん」
という回答でした。


さすがにカチンときたので
「家庭それぞれでやり方は違うでしょう」ということ
「ではなぜ育休の制度がそもそもあるのか」ということ
を言い返したところ、
上司は「そうだけど・・」
と言って一応納得をしてくれました。


とりあえずさらに上の人間に報告して、
引継ぎなどをどう対応するかを相談するから少し待っていてほしい
ということだったので了解し、
しばらくは普通に業務をしつつ引継書を作成しながら待つことになりました。


ただ、
それまで若手とはできるだけ仲良くしてよう
という態度が濃かった上司が、
育休取得の希望を出してから
突然対応が雑になるようになりました。


「これがパタハラか!」と内心思っていたのですが、
会社としてはかなり重要な内容で、
400人規模の企業で担当が2人しかいないという
僕の業務上、風当りが強くなるということはありませんでした。


世の中のマタハラ、パタハラを受けている方々は
もっとひどい仕打ちを受けているのだろうと思うと悲しくなります。

上司からさらに上に育休取得を報告

上司への報告から2週間が経ち、
5月も終わってしまうため、
状況を上司に確認しました。

上司は上から引継ぎ先に
その上司を指名していたようなのですが、
本人が難しい仕事をしたくないということから
引継ぎを拒否していて話が進んでいないようでした。


僕の会社は配置転換が頻繁に行われるため、
手が空いてしまっている人もそこそこいると思っていたので、
引継先で話が止まっているとは思っていませんでした。


「ただ上には伝えているのでこちらで引継先を見つけるまで待っていて」
と言われましたが、
こういった状況ではきちんと対応してもらえず、
どんどん遅れていってしまうのでこまめに状況確認を取るようにするのが良いと思います。


また上司から聞いたのですが、
さらに上の方は
「良いポジションつかせてやってんのにケン坊は何考えてんだろうね」
と言っていたと聞かされました。


IT企業で最先端を進んでいかないといけない企業の重役で
未だにそういう考えなのかと悲しくなったと同時に
それを部下にそのまま伝える上司もどうかと思ってしまいました。

上司から人事に育休取得の手続きを相談

同時に
人事へ育休取得の手続き方法を確認すると上司に言われていたので
どうなったのか確認したところ、
「上司は特段することはないと人事から言われた」
という回答でした。


「いや、席も隣なんだから確認した時点でそれを共有しろよ」
と内心思いつつ、
「ではこちらで人事に確認して進めます」
と言って申請方法を人事に確認し、
すぐに申請を上げて育休取得に関するガイダンスを受ける日程を決めました。


とにかく急に対応が雑になったことで予想していなかったのですが、
自分のことですし、
すべて自分で確認してしまうくらいが良かったと反省です。

上司による育休取得期間の引継ぎ先を決定

その後
引継ぎ先が決まったのが6月の3週目でした。


育休の希望を出してから
1か月半経ってからの引継先決定でした。


業務がいっぱいで引継先が決められないのであれば、
しょうがないことだとは思うのですが、
引継いでくれる方は同じチームの方で

「そこそこ時間空いているので早めに育休が取得できるように引継ぎの時間いっぱい入れてくださいね」

と言ってくれました。


そんな状態であれば
もう少し早く決めてくれれば良いのにと思いつつも、
そこは会社の都合もあると思うので飲み込みました。


引き継いでくれた方は男性ですが、
以前の会社で自身も育休3か月取っていたらしく、
すごく理解してくださる方でした。


そのため、
1日4時間ほど引継ぎの時間を取らせてもらい
2週間ほどで引継ぎを終わらせることができました。


そこから3週間は
ほぼ自分だけで業務を行ってもらい、
不明点やヘルプが必要なものが出たら聞いていただくという期間に充てました。


その方にとっては全く新しい分野の業務になり、
僕自身の業務量も対応範囲もかなり多岐にわたるため、
インプットするのはかなり大変だったと思います。


もう少し早く引継ぎを開始していれば
もっと余裕をもって引継ぎができたのにと
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

引継ぎ状況を見ながら育休開始日を決定

引継ぎ自体が2週間で終わる見込みが経った頃、
育休の開始予定日を決めて
まずは上司に報告しました。


人事への申請にも開始日を追記しないといけないため、
人事にも改めて報告をします。


また
一緒に業務をしていた先輩にも伝えてから、
職場の方々にも報告をと思ったのですが、
その先輩からは
「別にいいけど引継ぎ漏れがあってこっちの手間がかかるようなことはしないでね」
と言われました。


もちろんそのつもりで引継書にすべて記載し、
それでもわからないときには連絡が取れるようにしていましたが
2人でずっと同じ業務をしてきた人からそういう言葉をもらうことはショックでした。


「何かあればフォローするからね」
くらいの一言を言ってくれないかと思うのはこちらの勝手でしょうかね。

育休開始

最終的に
1週間ほどを余っている有休消化に充て
正式には昨日から育休を開始しました。


育休前の最終出社日には挨拶をして回ったのですが、
ご迷惑をおかけするため
お菓子を渡しながら回っていたのですが、
偉い方ほど「辞めるわけじゃないのにどういうつもり?」と言われました。


男性の育休に入る時に
お菓子を配りながら挨拶するものか調べてもわからず、
女性のケースでお菓子をもって挨拶して回れば話しやすいと書いてあったのですが、
必要ないようです。


わざわざ嫌な感じの小言を言われる必要はないので、
直接お伝えしたい人以外は直属の偉い方にだけ
明日から休みますという挨拶だけ大丈夫です。

育休取得までの所感

これで育休を取得することが出来たのですが、
取得ギリギリまでいろんな嫌なことがありました。


「そんなに長く休むの?」とか
「どうせ戻ってこないんでしょ?」なども言われました。


「じゃあ何か月?何日なら納得するの?」と思いましたし、
「そんなこと一言も言ってないだろ」と思いました。


今の日本社会は育休に対する認識が
まだそこまでしか進んでいないのが現状なのだと実感しました。


これは
僕の場合がたまたまそうだったというだけのことかもしれませんし、
偏見も入ってしまっていると思いますが、
実際にそういった言葉を投げかけられたのは
年配の男性がほとんどでした。


年配といっても僕より少し年上の
40歳手前からそれ以上というくらいです。

もちろん全員というわけではありません!


そして、
逆に女性や自分の同世代や下の20代の方からは、
すごく優しい言葉をかけていただきました。


育休に対する認識が世代によって違ってきているのであれば、
これからは良くなっていく一方なのだろうなと思いたいです。


少子化を食い止めるために子育ての環境を整える
という目的があって制度を整備しているのだと思いますが、
そういったことは関係なく、
単純に相手に対してもっと思いやりのある世の中になってほしいなと思います。


今後、
育休を取得してからのことをお伝えしていければと思います。


それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-育休
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.