不動産投資

賃貸併用住宅という選択肢|その内容とメリットとは

不動産投資をする中で様々な物件を見るようになったのですが、
最近、賃貸併用住宅というものが増えてきているので賃貸併用住宅にスポットを当ててみたいと思います。

賃貸併用住宅とは

まず賃貸併用住宅とは何かと言いますと
オーナーである自分が居住する建物の中に賃貸物件を併設したものになります。

例えばアパートの1階は全てオーナーの居住スペースとなっており、
2階や3階部分は賃貸物件として貸し出しているといった感じです。

そうすることで自宅を確保しつつ、
賃貸部分から家賃収入が入ってくるという状態を作ることができます。

近年ではこういった物件が増えてきており、
不動産投資をしたことがない人の参入も増えてきています。

賃貸併用住宅を始める理由

なぜ賃貸併用住宅を始める人が増えてきているのか、
それは居住スペースに対して所有している土地が広いという理由が多くあると思われます。

例えば土地を相続した場合に今までは夫婦以外にも同居人がいたため、
ちょうど良い広さの土地だったとしても
夫婦2人だけで暮らすには広すぎるといったケースがあります。

そのまま土地の広さに合わせた自宅にするのも良いですが、
必要な広さ以外の部分は他人に賃貸するための物件を作る方が収益も入って良いという考えです。

ですが賃貸併用住宅にはメリットもあればもちろんデメリットもあります。
賃貸併用住宅のメリットとデメリットをそれぞれ挙げてみます。

メリット

住宅ローンが組める

自宅部分が全体の50%以上を占めることが条件ですが、
賃貸併用住宅では住宅ローンを組むことができます。

住宅ローンとマンションローンとでは金利が1~2%ほど違ってきますので、
月々の返済金額で考えた時にすごく大きなものとなります。

賃貸物件部分も住宅ローンで借りられるということは
利回りにも与える影響は大きいです。

月々の返済を家賃収入で賄える

マイホームを建てる時にはほとんどの人が銀行でローンを組むと思います。

このローンの返済を普通のマイホームであれば
自分の給料などから毎月持ち出して返済ということになります。
ですが、賃貸併用住宅の場合は賃貸部分での家賃収入が入ってぎす。
この家賃収入をそのままローンの返済に充てることが出来ます。

賃貸出来る物件数によっては返済に充ててもなお、
家賃収入が残る場合もあります。

デメリット

費用が大きくなる

普通のマイホームに比べて賃貸併用にすると
それぞれの部屋ごとに水回りの機能などを設置する必要があります。

その分費用は当然大きくなります。

また長年賃貸をすることを考えると修繕が必要になってきます。
自宅部分に加えて賃貸部分の修繕を合わせるとここも費用が大きくかかります。

ただそれも家賃で全て賄えるということも出来ます。

生活音が気になる

居住スペースがしっかりと分かれているとはいえ、
同じ建物の中に他人がいるとどうしても生活音は気になってしまうものです。

1階を自宅にして2階を賃貸にしている場合など、
足音や水回りの音などが気になると思います。

そういった生活音を少し緩和させるには上下で自宅スペースと賃貸スペースを区切るのではなく、
左右で区切るというのも1つの方法だと思います。

まとめ

ざっと賃貸併用住宅のメリットとデメリットを挙げてみましたが、
やはり賃貸併用住宅では家賃収入でローンが返済できるということが最大のメリットです。

なかなか手が出せなかったマイホームも
家賃収入を計算に入れられれば手の届く範囲にぐっと近づいてきます。

また相続などで土地がすでにある場合は
利回りも良くなるため効果的です。

不動産投資を進めるためにマイホームを我慢するか、
夢のマイホームを手に入れるかの二択で迷われている方は
両方を兼ね備えた賃貸併用住宅を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-不動産投資

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.