節約・貯金

クレジット納税のメリットとデメリット【税金でポイントを貯められます】

credit-taxpayment01
悩んでる人
納税通知書が届いたけどコンビニで支払う以外にクレジットカードでいつでも支払いできるって本当?クレジットカードで納税するメリットやデメリットがあれば教えてほしい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • クレジット納税できる税金の種類
  • クレジット納税のメリット
  • クレジット納税のデメリット

 

毎年この時期になると所有する不動産の固定資産税の納税通知が届きます。

 

納税通知を見ると「もうこんな時期か」と時間経過の速さに驚かされますが、こういったものは届いたらすぐに対応するようにしてましょう。

 

実は固定資産税などの納税はクレジットカードを使ってオンラインで決済するクレジット納税ができるって知っていました?

 

今回はクレジット納税のメリットとデメリットをまとめます。

 

クレジットカードは楽天カードが断然お得です。年会費無料で楽天ポイントがどんどん貯まっていきます。楽天カードのお得な使い方についてまとめていますので参考にしてみてください。
▶【初級編】楽天カードをお得に使う簡単な方法

クレジット納税ができる税金

【国税】

参照:国税クレジットカードお支払サイト

【地方税】
住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税、都市計画税、償却資産税、不動産取得税 など
※お住まいの地域によって異なりますので各自治体のHPを確認するようにしてください。

クレジット納税のメリット

merit

クレジットカードのポイントを貯められる

クレジット納税をするといに使ったクレジットカードのポイントが貯められます

 

これまでは現金での納税か口座振替の納税しか無かったため、ポイントを得ることができませんでした。※クレジットカードでチャージをしたnanacoで支払えばチャージ時にポイントを得ることはできます。

 

納税はそこそこ大きな金額になるので、それがポイント化できるのは嬉しいですよね。

クレジット納税で24時間どこからでも納税できる

クレジット納税では24時間納税ができます。24時間の納税はコンビニ支払いでもできましたが、それがオンラインでできるのがポイントです。

 

納税用紙を普段から持ち歩くという人はあまりいません。そのためコンビニ支払いだと忘れがちになり、忙しさから後回しにして期限が迫るということが多いです。

 

クレジット納税であればPCかスマホさえあれば24時間どこでからでも納税ができます。

 

24時間どこからでもできると自宅や職場など気付いた時にすぐに支払いができるので、支払い期限が切れたり家に戻ってからまたコンビニに出かけるといった手間が無くなります。

クレジット納税をすると経費を一元管理できる

クレジット納税をするとクレジットカードの明細書に納税の記録が残ります。明細書に納税の記録が残るとクレジットカードで経費を一元管理をしたい人にはすごく便利になります。

 

例えば所有する不動産によって銀行が違っていたり、生活に使うカードと経費にするカードを分けている場合には使ったカードに記録が残るようになります。

 

いちいち領収書を仕分けする必要がなくなり、クレジットカードの明細ひとつだけで完結するのは地味に楽です。

クレジット納税は支払いの手間がかからない

コンビニに行って現金で支払うのは意外と手間ですよね。納税は大き目の金額になりがちなので銀行やATMで現金をおろしてからコンビニに行くことになります。

【コンビニ支払いの手間】
・銀行かATMに行く
・お金をおろす
・コンビニに行く
・レジで納税書を渡す
・現金を渡しておつりをもらう
・帰る

書きだすと意外と対応事項がありますね。

 

コンビニに買い物ついでに行くとしても納税の支払いは分けられます。すると余計に時間がかかって後ろに列が出来たりして行きにくかったりします。

 

こういった手間が全て無くなるのです。意外と大きいですよね。

クレジット納税のデメリット

demerit

クレジット納税は手数料がかかる

残念なことにクレジット納税には手数料がかかります。手数料は地域によって違いますが、おおよそ1万円ごとに100円というような手数料です。※地域によって違い、国税は1万円ごとに76円です。

 

つまりポイントが1%還元のカードだとほとんどポイントを得るメリットが無いのです。とはいえ多少はポイントのメリットは出るのでお得ではあります。

 

キャッシュレス化を進めていくのであればここは改善してほしいところです。今後この手数料がかからなくなるように改善されていくことを願います。

領収書が発行されない

クレジット納税では領収書が発行されません。領収書が発行されないのでカードの明細で代用することになります。

 

証明書が必要な場合は各自治体の窓口に出向いて納税証明書の取得を申し出る必要があります。発行に2~3週間ほどかかってしまうのですぐに必要だという方はコンビニで支払うようにしましょう。

 

この証明書の発行をするぐらいならコンビニ支払いにしてしまいますよね。こちらもオンラインで領収書が発行されるように改善されることに期待です。

クレジット納税では支払える税金が限られている

各自治体で取り組みを進めていますが、まだ自治体ごとで支払える税金が限られている状況です。そして支払える税金の種類も自治体ごとで異なります。

 

そのためご自身のお住まいのエリアがクレジット納税ができる自治体なのか、どの税金がクレジット納税できるのかを自治体のHPで確認する必要があります。

 

これから対象の税金が増えていくと思われますが、なるべく足並みを揃えてわかりやすくなってくれることに期待しましょう。

まとめ

got-this

クレジット納税ができるようになったことで、税金でポイントを得ることができ手間も省けるようになりました。

 

一方で、対象外の税金があったり手数料が高かったりと課題も多いのが現状です。特に手数料が高いとクレジット納税をするメリットが薄く、いつもの行動を変えるところまではなかなかいかないきませんよね。

 

今後、クレジット納税の制度がさらに整備されていき、利便性が増して納税者のメリットが増えることを期待しましょう。

 

また「ふるさと納税」は地域に限らずクレジットカードで支払いできます。楽天のふるさと納税は楽天市場で商品購入するだけで申込みでき、寄付控除と返礼品に加えて楽天ポイントも還元されます

 

楽天ふるさと納税で楽天ポイントの還元率を14.5倍にする簡単な方法をまとめましたので参考にどうぞ。
▶楽天ふるさと納税の楽天ポイント還元で得をする!3ステップで還元率が14.5倍

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-節約・貯金
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.