株式投資

SBI証券の口座開設方法まとめ


投資を始めようと思うとまず必要となってくるのが証券会社で開設する証券口座です。

ただ始めて投資をしようと思う人は、証券口座の開設で具体的な手順がわからない方が多いと思います。

今回は僕も利用しているSBI証券の口座で必要な書類や手順をご紹介していきます。

そもそも証券口座とは何か?

証券口座は株式を購入するために必要になります。
口座の開設は無料です。

なぜ必要になるかと言うと株の売買は株式市場で取引をされています。
その株式市場で株の売買をするにあたり、証券会社が代行して売買を行っています。

証券会社は売買を代行することで手数料が入ります。
利用者は売買を委託することでインターネットを使ってどこでも株の売買が出来るようになっています。

株を売買するためのお金を保管しておく場所が証券口座になります。
銀行口座と同じようなイメージでOKです。

ただし証券口座への入金には銀行口座から移す必要があります。
また証券口座でも預けているだけで金利がつきますが、現金化するためには逆に銀行口座にお金を移す必要があります。

証券口座の新規開設までの流れ

1)必要書類の準備
口座の新規開設に必要なのがマイナンバーカード(コピー)です。
マイナンバーカードの発行がまだの場合はマイナンバー通知カードと免許証の2つのコピーが必要になります。

まずはこの本人確認書類を用意しましょう。

2)HPで口座開設を申し込み
SBI証券の公式サイトに入るとサイト右上に「今すぐ口座開設」というボタンがあります。
もしくはサイト左上の「はじめての方へ」のページに入ると「口座開設はこちら」という大きなボタンがあります。

どちらからでも大丈夫です。

3)本人確認書類の提出方法を選ぶ
上記で挙げた必要書類のコピーを提出するための方法を選択します。

・WEBでそのままアップロードする方法
・後で届いたメールに記載されたURLからアップロードする方法
・後日郵送されてきた書類にコピーを同封して返送する方法
方法は上記の3つがあります。
どれでもOKですが、WEBでそのままアップロードするのが手軽で早く済みます。

4)必要事項を入力する
名前・性別・生年月日・電話番号・メールアドレス・住所などを入力します。
この入力時に納税方法とNISAの選択とTポイントサービスの申し込みがあります。

納税方法の選択
「SBI証券に任せる⇒特定口座(源泉徴収あり)」を選択してください。
株取引きでは20万円以上の利益が出ると確定申告が必要になります。
特定口座(源泉徴収あり)を選択しておくとSBI証券で対応してくれますので確定申告が不要になります。

また通年で損益だった場合に確定申告をすることで損益を3年間繰越すことができます。
この確定申告は自身で手続きが必要になりますが、損益の計算はSBI証券で対応してくれ、特定口座(源泉徴収あり)にしていても自身で確定申告は可能になります。

とにかく特定口座(源泉徴収あり)を選択しておきましょう。

NISAの選択
ここでは「NISA」もしくは「つみたてNISA」の申し込みをするかどうかを選択することになります。

NISAとは少額投資非課税制度のことす。
株取引では上記のように20万円以上の利益が出た場合に確定申告を行い税金を納める必要があります。

ですが、NISAの制度を利用すると株取引で年間120万円×5年(計600万円)までの取引が非課税となります。
つみたてNISAの場合は投資信託で年間40万円×20年(計800万円)までの取引が非課税となります。

どちらのNISAを利用するかは別途記事にてまとめたいと思いますが、
後からNISAを申し込みすると再度本人確認書類の提出が必要となってしまいますので、
口座開設時にまとめて申し込みをしてしまいましょう。

Tポイントサービス
株取引きでTポイントが貯まるサービスです。
貯まったTポイントが投資信託に利用できます。
いずれは株取引きにも利用できるようになるのではないでしょうか。
Tカードをもっていない方もこれを機に申し込みしておきましょう。

5)口座開設完了の書類を受け取ってログインする
申し込みが完了すると後日、SBI証券から書類が送られてきます。
その書類にログインIDとパスワードが記載されていますので、ログインしてみましょう。

6)証券口座にお金を入金する
証券口座が開設できればお金を入金します。
証券口座にお金が無ければ株の購入ができません。

この口座への入金が一見すると初心者からはわかりにくいと思います。
が、一度やってしまえば大丈夫です。

SBI証券にログイン後に画面右上に「入出金・振替」のボタンがあります。
そこで入金を選択します。

入金のページに入ると「即時入金」の項目で様々な金融機関を選択することになります。
これは振込手数料をかけないようにSBI証券側の口座で各金融機関の口座を準備していると思ってください。
ここでは自分が所有している銀行口座(お金を移したい銀行口座)を選択してください。

入金金額を入力した後に銀行側のサイトへ飛んで自分の口座にアクセスして振込をするといった流れになります。

入金が完了したら(株式市場が開いている時間に)いつでも株取引きができます!
さっそく投資を始めてみましょう!

まとめ

初めて証券会社のサイトに入った人はわからないことが多く
どうにか理解しようと全部を見てしまうと、なかなか進まなかったりすると思います。
投資初心者だとわからない単語が出てくるだけで脱落してしまいます。

でも最低限必要になるのはマイナンバーカードだけです。
やってみれば数分で手続きは終わります。

ここでの手順を参考に最初の一歩を踏み出してみてください。

SBI証券だけではなく、証券会社ごとに利用できるツールが違ったりしますので、
最初の開設時にいくつかまとめて開設してしまうのが良いと思います。
おすすめの証券会社についてもまとめているので参考にしてみてください。

おすすめのネット証券4選【初心者向け】


それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-株式投資
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.