ブログ運営

ブログ収益化の定番|アドセンス審査基準と登録手順を解説

google-adsense-register
悩んでる人
ブログを始めたから収益化していきたい。どうすればアドセンス広告が掲載できるかわからないから教えてほしい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • アドセンスの審査基準
  • アドセンスの登録手順

 

ブログで収益化をするならアドセンスの登録は必須事項です。アドセンス広告を掲載するには審査があり、この審査に通るのが難しいことで有名です。

 

今回はアドセンス広告の審査基準と登録方法について解説していきます。

 

アドセンスの審査にはブログの情報が必要です。まだブログを立ち上げていないという人は先にブログの開設から始めましょう。

 

ブログの開設方法は【初心者向け】WordPressブログの始め方をわかりやすく解説の記事を参考にしてください。

 

アドセンスとは?

blog-question

アドセンスとはGoogleが提供する広告を自動表示してくれるサービスのことで、無料で利用することができます。

 

このアドセンス広告はユーザーの行動履歴から最適な広告を自動で表示してくれます。そのため、自分が書く記事内容によって表示される広告が変わります。

 

このアドセンス広告を掲載することでブログを収益化することができます。

 

報酬発生の仕組み

アドセンス広告で報酬を得るには広告を表示する。もしくは広告をクリックしてもらう必要があります。

 

おおよその相場は1クリックで30円ほどです。クリックだけなので単価は低くくなるため、どれだけ多くの人に広告を見てもらえるかが重要になります。

 

また広告主がGoogleに広告を出稿し、アドセンスを通してブログやサイトといったメディアに広告が表示されるようになっています。

 

広告主の目的は広告を見てもらうことではなく、その先の商品購入など提供するサービスの成約です。より成果を出しやすいコンテンツで広告表示をしたいと考えています。

 

ブログをより専門的なコンテンツにすることで、報酬単価の高い広告が表示されやすくなります。

ブログの内容 広告側の気持ち 広告単価
ウォーターサーバーに特化 ウォーターサーバーの広告を出せば成約につながりやすいから表示させたい 単価増
様々なジャンルが入り混じる ユーザーに何が刺さるかわからないからとりあえず出せる広告を出してみる 単価減

上記は例えですが、よりジャンルを絞った方が広告も単価の高いものが表示されます。

 

色々な商品を紹介しているサイトよりも特定のジャンルを紹介しているサイトに、同じカテゴリの広告を掲載した方が成約する可能性が高いからです。

 

ブログのジャンルは悩みどころですが、まずはひとつのカテゴリに特化して30本を目安に記事を書いてみることから始めましょう。

 

しかし、ブログ初心者がアドセンスだけで稼ぐというというのはとても難しいことなので、アフィリエイトやSNSなどと組み合わせて難易度を下げることをおすすめします。

 

アドセンスで稼げるまでの期間

前述したようにアドセンス広告はクリックされて30円前後という報酬単価のため、稼げるようになるには多くのPVが必要となります。

 

月に1万円を稼ごうと思うと333回もクリックをしてもらう必要があり、PVで換算すると33,300PVが必要になる計算です。

・1万円/月÷30円=333クリック
・333クリック÷100PV=33,300PV

 

ここまでのPVを集めるには時間がかかります。

 

一般的には3か月~6か月で稼げるようになると言われることが多いですが、僕個人としては稼ぐのに1年はかかると思っておいた方が良いと考えています。

 

アドセンスの審査基準について

blog-comparison

アドセンス広告を掲載するにはアカウントを取得して、一定の審査基準をクリアする必要があります。

 

おおよその審査基準がこちら。

■ Googleが明示している条件
・独自ドメイン
・コンテンツのポリシー違反の順守
・著作権で保護されているコンテンツ

■ やっておくとベターな条件
・ある程度の記事数(20記事前後)
・文字数は1,000文字以上
・ユーザーにメリットがあるコンテンツ作り(ただの日記はNG)
・情報の鮮度(更新頻度)

 

ここで問題なのが審査基準のほとんどが明確に提示されていないことです。

 

審査基準が明確に提示されていないため、「上記の基準は守ってる」という人でも審査に落ちたという人が後を絶ちません。

 

特に最近は審査がより一層厳しくなってきていると言います。

 

ブログで稼げることが認知されてきたことから、参入者が増えて様々なWEBサイトが作られ、Googleはその中でもきちんと有益な情報を発信しているサイトに広告を表示させたいためです。

 

では審査に通りやすいコンテンツにするにはどうすれば良いかを見ていきましょう。

 

審査に通りやすいコンテンツ

アドセンス審査に通りやすいコンテンツの大前提は、ユーザーに役立つコンテンツであることです。

 

広告の掲載には成約を求めるだけでなく、イメージを損なわないことが重要です。

 

見られないコンテンツや役に立たないコンテンツに広告を掲載すると、広告のイメージダウンにつながる恐れがあるため、Googleは厳しく審査をしています。

 

その他にも審査に通りやすいコツがあります。

 

ユーザーの悩みや課題を解決するコンテンツ

ユーザーの悩みや課題を解決するコンテンツはユーザーの役立つコンテンツと言えます。

 

ユーザーは何かしらの悩みや課題を持って検索をします。

 

例えば「表参道のオシャレなカフェが知りたい」と思ったユーザーが検索をしてきたとします。

 

ここで「表参道のオシャレなカフェでカフェオレを飲みました」という日記のような記事があっても「ふーん」で終わってしまいますよね。

 

表参道のオシャレなカフェと言っても好みによって行きたいと思うお店は違うため、「表参道のオシャレなカフェ10選」というような記事があれば、ユーザーは自分の好みにあったお店を探すことができます。

 

このようにユーザーの悩みや課題をひとつ解決できるようなコンテンツ作りを心がけましょう。

 

独自性のある記事

ブログには独自性が必要です。

 

多くの人がブログで情報発信をしているため、同じような情報がネット上には溢れています。

 

同じような記事が増えても記事が存在する意味がありません。

 

記事内容が同じでも独自の切り口や体験、新しい発想などを交えてオリジナリティのあるコンテンツを作ることを心がけましょう。

 

また他者の記事をコピーすることは絶対NGです。

 

コンテンツボリュームが豊富

コンテンツのボリュームは以下を目安にしてください。

・1記事あたりの文字数は1,000文字以上

・記事本数は10本以上

 

1本あたりの文字数を明確に決められているわけではないですが、500文字程度の文字数が少ない記事だとコンテンツとしてみなされない可能性があります。

 

検索結果で上位をとっている記事は役3,000文字~4,000文字が多いので、いずれ検索上位を目指すのであれば1,000文字以上書くことを意識して取り組みましょう。

 

最初は1,000文字でもしんどく感じますが、30記事ほど書けば慣れてきます。

 

また記事数は10本以内でも審査に通るケースはありますが、10本程度だとアクセスは無いので審査に通ってもほとんど意味はありません。

 

コンテンツを充実させてから審査に通っても問題ないので、最初はコンテンツを充実させることに注力しましょう。

 

画像や表の利用

画像や表などを記事に盛り込むと、記事がすごく読みやすくなるので入れられるところは入れていきましょう。

また画像や表だけでなく、箇条書きもどんどん使いましょう。

 

例えば画像を入れるメリットで見てみます。

 

文章で書いた場合

画像を入れるメリットは文字列だけが延々と続く記事では読むのがしんどくなるため、見出しごとに内容を連想させる画像を載せることで目を休めさせつつ、次の内容に頭のスイッチを切り替えさせることができます。

 

箇条書きで書いた場合

画像を入れるメリット
・記事にメリハリができて読みやすくなる
・見出しごとに目を休められる
・内容を連想させる画像で頭のスイッチが切り替わる

 

どちらが読みやすいか一目瞭然ですよね。

画像や表、箇条書きなどはどんどん使いましょう。

 

操作性とユーザビリティの高いコンテンツ

Googleはサイトがユーザーにとって使いやすいものかどうかを重要視しています。

操作性やユーザビリティが高いコンテンツ作りを心がけましょう。

 

具体例を挙げると以下のようなものです。

・ページの表示速度を速くする
・メニューやカテゴリを表示して記事を見つけやすくする
・関連記事のリンクをつけて情報を広いやすくする

 

最低限の初期設定が完備

最低限の初期設定はすべて整えておきましょう。

 

最低限の初期設定とはWordPressブログを立ち上げて最初にやっておくべき9つの設定です。

 

これらの設定は済ませてからアドセンス審査に申請するようにしましょう。

 

審査結果が出る期間

審査結果は最短で1日程度で出ますが、1週間ほど待つ場合もあります。

長ければ数週間から数か月もかかってしまう場合があります。

 

Googleは審査基準による優先順位をつけていて、コンテンツの充実度が高く、ユーザーに有益なものから審査される傾向があります。

 

まずはコンテンツを充実させることが重要なのです。

 

不合格だった時の対処法

しばらく待って審査結果が届きます。

その結果、不合格の場合もあります。

 

ここで問題なのが不合格の理由を明確にGoogleは教えてくれません。

例えば「価値の低いコンテンツ」とだけ通知されて具体的に何を直せば良いかわからない状態に陥ります。

 

まずは思い当たる点を修正して再申請していきましょう。

もし修正点が見つけられない場合にはアドセンスのヘルプコミュニティをチェックしてみてください。

同じように審査に落ちた人が問い合わせをしていて、落ちた理由のヒントを覗くことができるので参考になります。

 

修正が完了したら再申請をすることで審査を受けることができますが、再申請は1週間以上の期間を空けるようにしましょう。

不合格通知の後にすぐ再申請すると、機械的にはじかれる場合があります。

 

僕はアドセンス審査を通過するのに半年かかりました。

 

もしアドセンス審査に通れないという人はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

アドセンスの登録手順

process

アドセンスの審査基準がわかったらいよいよ申請していきましょう。

 

ここからはアドセンスの登録手順をご紹介していきます。

 

ブログを開設する

アドセンスの申請をするにはブログのURLが必要です。

 

すでにブログを開設済みという人は問題ないので飛ばしてください。

 

まだブログを開設していないという人は下記を参考にブログを開設してみてくだささい。

wordpress
【初心者向け】WordPressブログの始め方をわかりやすく解説

続きを見る

Googleアカウントの作成

続いてGoogleアカウントの登録です。こちらもすでにアカウントを持っているという人は飛ばしてください。

≫Googleにアクセスする

analytics-configuration.1

 

この画面に入ったら「アカウントを作成」でアカウントが作れます。

 

必要情報を入力してアカウントを作成してください。

 

アドセンスでアカウント作成

次にアドセンスでアカウント作成をします。

≫Google AdSenseにアクセスする

google-adsense-register1

この画面に入ったら「ご利用開始」をクリックして登録を進めます。

 

1.自分のブログURLとメールアドレスを入力し、「メールを受け取る」を選択して次へ

2.「国または地域を選択」で「日本」を選択し、規約にチェックを入れて「アカウントを作成」をクリック

3.名前や住所、電話番号を入力して本人確認

4.「サイトをアドセンスにリンク」の画面が表示され、AdSenseコードをコピー

 

ここまででアドセンスアカウントの作成は完了です。

 

アカウントを作成したけれどブログに広告を貼るためのリンクができていない状態です。

続いてコピーしたAdSenseコードをブログに設置していきましょう。

 

広告コードの貼り付け

コードの設置は次の2つを行っておきましょう。

・ブログとアドセンスをリンクさせるコード設置
・広告表示を確認するためのコード設置

順番にいきましょう。

 

ブログとアドセンスをリンクさせるコード設置

先ほどコピーしたAdSenseコードをブログのヘッダーに設置していきます。

 

ソースコードに手を入れるのは不安かもしれませんが簡単なので大丈夫です。ただし、方法が利用しているテーマによって違うので、利用しているテーマでヘッダーにコードを入れる方法を検索してみてください。

 

今回はLuxeritasのテーマでヘッダーにコードを設置する際の方法でご紹介していきます。

 

WordPressにアクセス⇒外観⇒テーマエディターと進みます。

google-adsense-register2

右側にある「add-header.php」をクリックし、表示されたソースコードの一番下にAdSenseコードを貼り付けて「ファイルを更新」をクリックすれば完了です。

 

アドセンスの画面に戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

 

問題がなければ「コードが見つかりました」と表示されるので、あとは審査結果を待ちましょう。

広告表示を確認するためのコード設置

広告表示を確認するためのコード設置はアドセンス審査には関係ありませんが、審査が通った時にブログですぐに広告表示が確認できるようになります。

 

まずは広告タグを発行します。

 

アドセンスの左側サイドバーの「配信」⇒「サマリー」⇒「ディスプレイ広告」をクリックします。

google-adsense-register3

 

新規広告作成ページに入ったら以下の3つを入力して広告を作成します。

・広告ユニット名:アドセンス内での管理用の名前なので何でもOK
・広告形式:固定を選択(レスポンシブは自動で画面サイズに合わせた表示)
・広告サイズ:幅300、高さ250を入力(広告案件が多いサイズ)

google-adsense-register4

 

表示されたコードを「コードをコピー」でコピーします。

google-adsense-register5

 

次にWordPressのヴィジェット機能を使い、ブログのサイドバーで広告を表示させます。

 

「外観」⇒「ヴィジェット」⇒テキストをサイドバートップへ追加⇒入力形式を「テキスト」に変更してコードを貼り付け⇒「保存」

google-adsense-register6

 

これでブログのサイドバー上部に広告を設置することができました。

 

広告審査が通ればブログに広告が表示されるので楽しみにしていてください。

 

審査に合格したらやること

do

晴れてアドセンス審査に合格した後にもすることがあります。

 

ここでは以下の3つをご紹介していきます。

・アドセンスのプログラムポリシーを把握
・自動広告の解除
・アドセンス広告の掲載

 

順番に見ていきましょう。

 

アドセンスのプログラムポリシーを把握

アドセンス広告にはルールがあり、プログラムポリシーとして明示されています。

 

■ 無効なクリックとインプレッション
サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

■ クリックや表示を促す(リワード広告枠以外)
リワード広告枠を除き、サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり表示したりするようユーザーに促すこと、またクリック数を増やすために不正な方法を使うことは禁止されています。これには、広告の閲覧や検索に対してユーザーに報酬を提供すること、そうした行為に対して第三者に支払いを約束すること、または個々の広告の横に画像を配置することなどが含まれますが、これらに限定されません。

■ 不正なコンテンツ
不正なコンテンツを含むサイトで Google 広告を表示することは許可されません。

■ 広告の配置(以下のような配置は禁止されている)
・ページのさまざまな要素にまぎれてしまい、ユーザーが明確に認識できない状態にすること。
・ボタンなどのすぐ近くまたは直下に広告を表示するなど、アプリや広告に対する一般的な操作の妨げとなるような位置に配置すること。

 

上記はポリシーの一部です。

 

もし違反した場合にはアドセンスアカウントが停止される恐れがあるので、きちんと目を通して理解をしておきましょう。

 

自動広告の解除

アドセンス審査の際にヘッダーへ貼り付けたコードは、自動広告のコードです。

 

自動広告の設定をオンにしたままだと、あらゆるところに広告が自動表示されてしまいます。

 

目次の中に広告が表示されたりするので、気になる人は自動広告を解除しましょう。

 

方法は2つあります。

1.アドセンスのメニュー ⇒ 広告 ⇒ 自動広告⇒自動広告フォーマットの表示を全てオフ

2.ヘッダー内に埋め込んだコードを削除

 

1の方法では機能をオフにするだけなので簡単です。

 

2の方法では余計なコードを削除しておきたい場合に実行しましょう。

ヘッダーのコードを削除しても個別に広告の設定をしていれば広告は表示されますが、自動広告をもう一度表示させたいときには、コードを設置し直す必要があります。

 

アドセンス広告の掲載

最後にアドセンス広告をどんどん掲載していきましょう。

 

広告を入れすぎてもユーザーに嫌われてしまいますが、広告を入れなければ収益化ができません。ある程度は広告を設置していきましょう。

 

おすすめの設置位置は以下です。

・右サイドバーの最上部
・右サイドバーの下部
・見出し2(h2タグ)の上部
・記事下

 

特にファーストビュー(ページを開いた時に見える位置)の広告は単価が高くなりやすいので、意識的に広告を掲載するようにしましょう。

 

まとめ

blog-summary

本記事ではアドセンスの審査基準と登録手順を解説してきました。

 

基本的に審査基準はユーザーに役立つコンテンツを作ることで自然にクリアできます。まずはコンテンツ作りに注力して申請をしましょう。

 

審査に通りやすいコンテンツにするには以下を意識してみてください。

ユーザーの悩みや課題を解決するコンテンツ
独自性のある記事
コンテンツボリュームが豊富
画像や表の利用
操作性とユーザビリティの高いコンテンツ
最低限の初期設定が完備

 

アドセンス審査に通ればブログの収益化が始まります。

審査通過を目指して頑張りましょう!

 

 

ちなみにブログ初心者の場合にはアドセンスがよくわからないという人も多いと思います。

 

アドセンスについて体系的にスキルや知識を学びたいと思うならGoogle AdSense マネタイズの教科書を活用しましょう。

 

少し上級者向けの内容ですが、アドセンス有識者が執筆しているため、実践できるノウハウを学ぶことができます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-ブログ運営
-, ,

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.