節約・貯金

還元率3%!Visa LINE Payクレジットカードは楽天カードよりお得

linecard-deals
悩んでる人
LINEのクレジットカードがお得だと聞いた。LINEのクレジットカードについて詳しく知りたい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • Visa LINE Payクレジットカードのお得なポイント
  • Visa LINE Payクレジットカードと楽天カードがどちらがお得

2020年4月23日からLINEのクレジットカードである「Visa LINE Payクレジットカード」の申込受付が始まりました。

 

日常的にお得な買い物方法を調べている僕からすると、驚きの還元率を誇るのがVisa LINE Payクレジットカードです。

 

LINEではポイントを使った資産運用もできるので上手に使いこなしていきたいところです。

 

今回はこのVisa LINE Payクレジットカードについて解説していきます。

Visa LINE Payクレジットカードとは

point2

Visa LINE PayクレジットカードはLINEが提供するクレジットカードです。

 

LINEのサービスとは言え、実際にクレジットカードを発行するのは三井住友カードになっていて安心して利用ができます。

 

Visaのタッチ決済も可能になっていて、かなり利便性の高いクレジットカードになっています。

 

LINE Payと連携でポイント還元率3%

Visa LINE PayクレジットカードはLINE Payと連携させることで最大3%のポイント還元率になります。

ただしこの還元率には注意点があります。

注意点
・LINE Payの支払い時はチャージ&ペイの設定が必要
ポイント還元率はランクによって1%~3%と変動する
・最大3%還元は初年度のみ。以降は最大2%(その他のキャンペーン展開予定)
・資産運用関連の支払いには利用できない
・一部ポイント還元の対象外の商品がある

この注意点に関しては詳しくは公式サイトをご確認ください。

 

還元率が3%もの高水準になっているクレジットカードはなかなかありません。

 

クレジットカードを還元率で重視するならVisa LINE Payクレジットカードはおすすめです。

 

年会費は2年目から発生

Visa LINE Payクレジットカードは初年度においては年会費が無料になっています。

 

2年目以降の年会費は1,250円(税抜)がかかります。

ただし年1回でも利用すれば年会費は無料です。

 

高水準のポイント還元率を考えれば日常的に使うクレジットカードにできるので、僕としては年1回の利用条件はほぼ無料と変わりません。

 

Visa LINE Payクレジットカードのキャンペーン

Visa LINE Payクレジットカードは利用者の拡大のために様々なキャンペーンを展開しています。

 

現在、展開されているキャンペーンがこちらです。

<Visa LINE Payクレジットカード 入会キャンペーン>

新規入会でLINEポイント2,000ポイントプレゼント

申込期間:2020年6月10日~6月30日
登録期間:2020年8月31日まで

≫キャンペーンはこちら

<チャージ&ペイ スタートキャンペーン>

Visa LINE Payクレジットカードをチャージ&ペイ登録して初めての利用でLINEポイント200ポイントプレゼント

キャンペーン期間:2020年6月15日~7月31日
※10万人の利用で終了

≫キャンペーンはこちら

 

随時、キャンペーンが展開されているので、キャンペーンを利用してお得に利用しましょう。

楽天サービスと比較

pc2

Visa LINE Payクレジットカードの導入でLINEがすごくお得なサービスになりました。

 

同じくお得な楽天のサービスと比較してみましょう。

 

楽天カードの還元率は1%

楽天カードの通常の還元率は1%です。

Visa LINE Payクレジットカードは通常で3%になるのでLINEの方がお得と言えます。

 

ただし楽天にはSPUというポイント還元率があがるシステムがあるので一概にLINEを利用すれば良いと言えません。

 

SPUを利用すれば楽天市場の還元率が高くなり、楽天カードを利用しているだけでポイント還元率が3%になります。

 

さらにお買い物マラソンやその他のキャンペーンなどを組み合わせればもっとお得になり、ふるさと納税を利用すればかなりのポイント還元をもらうことができるため、使い分けが大事です。

・日常のお買い物ではVisa LINE Payクレジットカード
・楽天市場で買えるものは楽天カード

こういった使い分けをしましょう。

 

関連記事:楽天ふるさと納税の楽天ポイント還元で得をする!3ステップで還元率が14.5倍

 

楽天Payの還元率は1.5%

楽天Payはチャージ方法に楽天カードを選択することで還元率を1.5%にすることができます。

 

LINE Payはチャージ&ペイで支払いをすることで初年度は3%、次年度以降も2%の還元を受けることができます。

さらにポイントクラブのランクに応じて毎月100円引きのクーポンを複数枚もらうことができるのでかなりお得です。

 

スマホ決済に関してはLINEの方がお得と言えます。

 

LINE証券だと1株から購入が可能

楽天もLINE同様に証券口座を開設することができ、ポイントで投資をすることが可能です。

 

ただし、楽天証券に関しては最低購入株数が100株になっているため、ポイントだけで投資をするには難しいところです。

 

LINE証券では最低購入株数が1株で購入できる銘柄があるため、頑張ればポイントだけで投資を始めることが可能です。

 

とは言え、それぞれでポイントを貯め、効率良くポイントを購入資金の一部に回すことが、一番の資産形成になります。

 

証券口座も使い分けをしましょう。

Visa LINE Payクレジットカードでポイントを稼ごう

end2

Visa LINE Payクレジットカードはポイント還元率3%というクレジットカードの中でも高水準の還元率を誇ります。

 

年会費は2年目以降は1,250円(税抜)が発生しますが、年1回の利用で無料となるので、ほとんど無料と言って良いレベルです。

 

2年目以降の還元率は2%と下がってしましますが、随時キャンペーンを展開していくことが名言されているので、今後も期待できるクレジットカードです。

 

通常利用では楽天カードよりも還元率が高いVisa LINE Payクレジットカードですが、楽天カードと上手く使い分けることでポイント還元を最大化することができます。

 

還元率の高いVisa LINE Payクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

≫Visa LINE Payクレジットカードの申込みはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-節約・貯金
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.