暮らし

マイナポイントが上乗せされるおすすめ決済サービス3選

mainapoint-payment

最近ではマイナポイントがCMでも流れるようになったことから、にわかに話題となってきているマイナポイント。

 

マイナポイントとはマイナンバーカードの普及を目的とした施策で、最大5,000円分のポイント還元を受けることができるキャンペーンです。

▼マイナポイントに関する詳しい内容はこちらからどうぞ▼

 

このマイナポイントの利用を巡り、キャッシュレス事業者がこぞって「上乗せキャンペーン」の展開を始めたことから、どの決済サービスが一番お得なのかが知りたいところですよね。

 

そこで今回はマイナポイントを利用するのにおすすめな決済サービス3選をご紹介します。

 

マイナポイントを登録することで上乗せされる決済サービスの一覧もまとめたので、気になる人は最後までどうぞ。

マイナポイント登録におすすめの決済サービス3選

d払い

d払いではマイナポイント5,000円相当に加え、最大2,500ポイントをもらうことができます。

・d払いに登録で1,500ポイント
・チャージまたは買い物で利用額の5%(最大1,000ポイント)

通常利用の還元率が最大7%と高く、合計7,500ポイントを確実にもらえるのはd払い以外にはありません。

ただし還元率7%を実現するには条件が多くハードルが高いため、d払いを普段利用している人はかなりお得に利用できることになります。

メルペイ

メルペイではマイナポイント5,000円相当に加え、最大2,000ポイントをもらうことができます。

・「メルペイへの本人確認」と「メルカリでの決済」で1,000ポイント
・メルペイにチャージでチャージ金額の10%(最大1,000ポイント)
・マイナポイント登録で抽選で合計約13万名に、最大1,000万円
(1等1,000万円相当×1名、2等100万円相当×10名、3等50,000円相当×150名、4等5,000円相当×1,500名、5等500円相当×130,000名)

抽選で1,000万円が当たるかもしれないというキャンペーンも当たればうれしいですが、なかなか難しいものではあります。とはいえ面白いキャンペーンなのでチャレンジしてみる価値はあります。

ただし通常利用でのポイント還元率がなしため、メルカリ利用以外では普段利用をするメリットが少ない決済サービスではあります。

 

LINE Pay

LINE Payではマイナポイント5,000円相当に加え、割引クーポンが1,500円相当分もらうことができます。

登録で割引クーポン15枚(1,500円相当)

LINE Payでもらえる割引クーポンはプラチナ会員になっていると毎月10枚もらえるクーポンなので、日常的に利用している人にとってはメリットが薄いキャンペーンであるとは言えます。

とは言えまだLINE Payを利用したことがない人にとってはメリットは大きく、通常利用でも最大3%のLINE Payを利用するきっかけには良いキャンペーンであると言えます。

LINE PayはLINEクレジットカードをチャージ登録することで、初月から3%の還元を受けることができます。

linecard-deals
還元率3%!Visa LINE Payクレジットカードは楽天カードよりお得

続きを見る

QRコード決済

マイナポイントのキャンペーンで一番力を入れているのがQRコード決済です。

スマホだけで決済できる利便性から最近では利用者が増えてきています。

ゆうちょPay:合計2,000ポイント

ゆうちょPayのキャンペーンは以下の2つです。

・期間中初めてのダウンロード&ゆうちょ口座開設で500ポイント
・マイナポイントにゆうちょPay登録で1,500ポイント

 

通常利用でのポイント還元率:なし

 

もらえるのは新設されたゆうちょPayポイントですが、使えるお店が限られています。

ポイントは現金化できないので利便性に欠けるところです。

 

au PAY:上限1,000円相当

au PAYのキャンペーンは以下です。

・au PAYまたはau PAYカードを登録してチャージで1,000ポイント

 

通常利用でのポイント還元率:最大5%

 

キャンペーンで付与されるポイントは「マイナポイント還元額に対して20%」なので2万円分をチャージしなければ1,000ポイントをもらうことができません。

 

メルペイ:最大2,000円相当+抽選で1,000万円相当

メルペイのキャンペーンは以下です。

・「メルペイへの本人確認」と「メルカリでの決済」で1,000ポイント
・メルペイにチャージでチャージ金額の10%(最大1,000ポイント)
・マイナポイント登録で抽選で合計約13万名に、最大1,000万円
(1等1,000万円相当×1名、2等100万円相当×10名、3等50,000円相当×150名、4等5,000円相当×1,500名、5等500円相当×130,000名)

 

通常利用でのポイント還元率:なし

 

2,000ポイントは確実にもらえて抽選で1,000万円もらえるかもしれないので、登録しても良いと思えます。

 

ただしメルペイの利用自体はポイント還元がないので、他サービスとの比較は通常のポイント還元率も合わせて考えたいところです。

 

LINE Pay:得点クーポン15枚

LINE Payのキャンペーンは以下です。

登録で割引クーポン15枚(1,500円相当)

 

通常利用でのポイント還元率:最大3%

 

この割引クーポンは登録しなくてもプラチナ会員だと10枚もらえます。まだLINE Payを利用していない場合には利用するきっかけに最適です。

 

d払い:最大2,500ポイント付与

d払いのキャンペーンは以下です。

・d払いに登録で1,500ポイント
・チャージまたは買い物で利用額の5%(最大1,000ポイント)

 

通常利用でのポイント還元率:最大7%(難易度高め)

 

通常のポイント還元率と合わせるとかなりのポイント還元を見込めますが、d払いの還元率を高めるのはハードルが高いので、キャンペーン分だけで比較する方が良いです。

 

J-Coin Pay(みずほ銀行):500円

J-Coin Payのキャンペーンは以下です。

登録で500円分の残高が付与

 

通常利用でのポイント還元率:なし

 

登録するメリットは少ないです。

 

FamiPay:先着10万人に500円

FamiPayのキャンペーンは以下です。

登録で先着10万人に500ポイント

 

通常利用でのポイント還元率:0.5%

 

FamiPayの利用者は500万人を超えているので、狙うのであれば急ぎたいところですが、登録するメリットは少ないところです。

 

PayPay:抽選で最大100万円分

PayPayのキャンペーンは以下です。

登録で抽選で最大100万円分
10人に100万円、150人に5万円、1,500人に5,000円、15万人に500円

 

通常利用でのポイント還元率:最大2%(ハードル高め)

 

PayPayの登録はこちらから。
IOSの方はこちら
Androidの方はこちら

 

クレジットカード

続いてはクレジットカードです。

 

三井住友カード:抽選で100名に10,000ポイント

三井住友カードのキャンペーンは以下です。

登録で抽選で100名に1万ポイント

 

通常利用でのポイント還元率:0.5%

 

イオンカード:最大2,000WAON

イオンカードのキャンペーンは以下です。

登録利用で10%(最大2,000WAON)

 

通常利用でのポイント還元率:0.5%

 

電子マネー

最後に電子マネーです。

QR決済やクレカ決済に抵抗がある人は検討してみてください。

 

Suica:1,000ポイント+抽選

Suicaのキャンペーンは以下です。

登録してチャージで1,000ポイント

 

通常利用でのポイント還元率:1%(チャージ含む)

 

登録するメリットは少ないです。

 

WAON:最大2,000WAON

WAONのキャンペーンは以下です。

登録してチャージでチャージ額の10%(2,000ポイントが上限)

 

通常利用でのポイント還元率:最大2%

 

電子マネーの中では一番お得になります。

 

nanaco:500ポイント

nanacoのキャンペーンは以下です。

・登録で500ポイント
・3,000円の支払いで1口となる抽選
(1等5万円相当×500人、2等1万円相当×1,000人、3等5,000円相当×3,000人、4等1,000円相当×5,000人、5等755円相当×1万人)

 

通常利用でのポイント還元率:0.5%

 

mynumber-card
マイナンバーカードの作り方をわかりやすく解説|通知カードは廃止されます

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-暮らし
-, ,

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.