マイナンバーカード

14日過ぎたらまずい?マイナンバーの住所変更手続き

mynumber-change-of-address

引っ越しすると役所で住所変更の手続きをしますが、マイナンバーカードも住所変更手続きが必要となることを見落としがちです。

 

マイナンバーカードの住所変更は、住所を変更した日の前後14日以内の手続きが必要となります。

 

この手続きを忘れてしまうとどうなるのか。手続きの手順と共に確認していきましょう。

マイナンバーを住所変更せずに14日過ぎた場合

前述した通り住所が変わった時には14日以内にマイナンバーカードの住所変更の手続きが必要となります。

 

とは言え平日しか開いていない自治体では14日以内に手続きができなかったという人もいるのではないでしょうか。

 

最長90日の猶予期間

マイナンバーカードの住所変更の期限は原則14日以内となっていますが、14日を過ぎたからと言って諦めてしまうにはまだ早いです。

 

自治体によっては最長で90日の猶予期間があるところがあります。

 

90日の猶予期間がある自治体では通常の手続きでマイナンバーカードの住所変更をすることができるので、ご自身の自治体の期限を確認してみてください。

 

最長90日の猶予期間を過ぎた場合

最長90日の猶予期間も過ぎてしまった場合はどうなるのでしょうか。

 

住所が変わって最長90日の猶予期間も過ぎてしまっった場合には、残念ながらマイナンバーカードは失効となってしまいます。

 

また届け出の必要性を理解しているものの手続きを行わなかった場合には、5万円の罰金が課されることもあるので、住所が変わったら変更手続きを忘れないようにしましょう。

住所変更時のマイナンバーの手続き

住所を変更した時に必要なマイナンバーの手続きを確認していきます。

 

必要なものを揃えたらなるべく早く手続きを済ませてしまいましょう。

 

マイナンバーの住所変更に必要な手続き

マイナンバーカードの住所変更は転出届や転入届と一緒に手続きができ、手続きの費用や更新にかかる費用などもありません。ただし紛失や失効による再発行時には費用が発生します。

 

手続きは変更した住所の区域によって多少変わってきます。

 

同じ市区町村内の場合

自治体の窓口で「転居届」を提出し、マイナンバーカード記載事項の書換をしてもらいます。

 

転居届を提出する際にマイナンバーカードを忘れてしまった場合には、改めて窓口で「記載事項変更届」を提出することでマイナンバーカードの住所変更をしてもらうことができます。

 

違う市区市区町村の場合

通常は違う市区町村へ住所が変わると「転出届」が必要となりますが、マイナンバーカードがあれば転出届は不要になります。

 

新しい自治体の窓口で「転入届」を提出してマイナンバーカード記載事項の書換をしてもらいます。

 

マイナンバーの住所変更に必要な書類

マイナンバーカードの住所変更には以下の書類が必要です。

 

・マイナンバーカード
・マイナンバーカードの暗証番号
・届出人の本人確認書類
・転居届もしくは転入届

 

住所変更の代理人手続き

ご本人がやむを得ず手続きに行けない場合には代理人による手続きをすることは可能です。

 

代理人が手続きをする場合には上記の必要書類に加えて以下の書類が必要となります。

法定代理人の場合
・資格を証明する書類(戸籍謄本・登記事項証明書など)
※同一の市町村に本籍、もしくは住民票があり、資格を確認できる場合は不要の場合も

任意代理人の場合
・委任状(同一世帯の場合は不要)
・代理人の本人確認書類
※本人確認書類が2つ必要な場合も

 

マイナンバーカードの申請中に住所変更があった場合

マイナンバーカードの申請中に住所変更があった場合は要注意です。

 

マイナンバーカードが発行されるまでには申請してから1か月以上がかかりますが、発行されるまでの期間に住所変更があるとマイナンバーカードの申請は無効となり、最初から申請をし直す必要があります。

 

引っ越しの予定がある場合には1か月以上の期間があるかどうかで、マイナンバーカードの申請をするか検討してみてください。

 

1か月以内には引っ越しをする。もしくは1か月以上後になるか微妙なところと言う場合には引っ越し後にマイナンバーカードの申請をするのが無難です。

マイナンバー通知カードは手続き不要

住所変更があった際にまだマイナンバーカードの発行はしておらず、マイナンバー通知カードを所持しているという場合には手続きが不要です。

 

マイナンバー通知カードは令和2年5月25日で廃止されたためです。

 

マイナンバー通知カードは証明書としては利用できないため、マイナンバーが確認できる証明書が必要な場合にはマイナンバーカードを作成するか、マイナンバーが記載された住民票の写しを取得することで対応できます。

mynumber-card
マイナンバーカードの作り方をわかりやすく解説|通知カードは廃止されます

続きを見る

まとめ

マイナンバーカードの住所変更は14日以内に手続きをすることが原則となっていますが、実際には最大90日間の猶予期間がある自治体があります。14日を過ぎてしまったからと諦めずに住所変更の手続きを行いましょう。

 

猶予期間の90日を過ぎた場合にはマイナンバーカードが失効となるだけでなく、場合によっては罰金となる可能性もあるので、引っ越しなどで住所が変更になったら早めに手続きをすることを心がけましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-マイナンバーカード
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.