マイナンバーカード

マイナンバーと銀行口座の紐付け義務化はいつから?|メリットとデメリットは?

mynumber-pegging-account

マイナンバーと銀行口座の紐付けが義務化されることはご存知でしょうか。

 

マイナンバーカードを使った利便性を高める施策は複数あり、銀行口座の紐付けもそのひとつです。

 

今回はマイナンバーと銀行口座の紐付けの義務化はいつからなのか。紐付けするメリットとデメリットについて合わせて解説していきます。

 

まだマイナンバーカードを取得していない人はこちらを参考に取得してみてください。

mynumber-card
マイナンバーカードの作り方をわかりやすく解説|通知カードは廃止されます

続きを見る

マイナンバーと銀行口座紐付けの背景

なぜマイナンバーと銀行口座を紐づけることになったのでしょうか。

その背景を見ていきましょう。

マイナンバーを紐付けする目的

マイナンバーと銀行口座を紐付けする目的は、国民の所得や預金額などの資産を把握することにあります。

所得や資産を正確に把握することで以下のような不正を防ぐことが期待されています。

・所得隠しによる脱税
・生活保護の不正受給

上記のような不正を防ぎ、公平な社会保障の実現を目的にマイナンバーと銀行口座の紐付けが検討されるようになりました。

特別定額給付金で起きた問題

コロナ禍の影響による経済対策の一環で、国民全員に一律10万円を給付する「特別定額給付金」が各市区町村で給付申請の受付けを開始しました。

 

しかし、この特別定額給付金は迅速に実施されるものと思いきや、申請書類が各家庭に届くまで1か月以上かかる自治体が多く、申請後さらに1か月ほどかかるような事態に。さらにオンライン申請が郵送申請よりも手続きに時間がかかるため、郵送での申請を要求されるという事態が発生しました。

 

この原因として申請内容の誤りや、それをチェックする体制の問題などもありますが、一番はマイナンバーと銀行口座の紐付けがなされていなかったことで、口座番号と口座名義の一致を目視チェックで行う必要があったことに起因しています。

 

こういった事態に迅速に対応できるようにマイナンバーと銀行口座の紐付けの義務化を進める背景となりました。

mynumber-driver-licence
マイナンバーカードと運転免許証が一体化|統合はいつから?メリットとデメリットは?

続きを見る

マイナンバーと銀行口座の紐付けはいつから義務化?

マイナンバーと銀行口座の紐付けはいつから義務化されるのでしょうか。

マイナンバーの紐付けはすでに始まっている

マイナンバーと銀行口座の紐付けは実はすでに始まっています。

 

マイナンバーは2018年から銀行口座に紐付けされるようになりましたが、この段階では義務化ではなく、当面は任意でのマイナンバー紐付けとなっています。

 

銀行口座を開設する際にマイナンバーの記入や登録を求められたり、既存口座もマイナンバーの提示を求められる場合がありますが、現時点では任意なので金融機関からマイナンバーの提示を求められても断ることができます。

義務化は2021年に実施予定

マイナンバーの銀行口座の紐付けが義務化されるのは2021年とされています。

 

ただし、高市総務大臣は特別給付金の事態を受けて、マイナンバーの紐付け義務化を前倒ししたいという意向を持っています。

 

しかし、口座情報という個人情報をマイナンバーカードに紐付けることに対する不安などから反感も強く、すべての銀行口座ではなくひとつの口座情報のみを紐付ける形でまとめられることが予想されます。

mynumber-insurance-card
マイナンバーカードの健康保険証利用はいつから?保険証化するメリットとデメリット

続きを見る

マイナンバー紐付けによるメリット

merit

税金の無駄がなくなる

マイナンバーを銀行口座に紐付けることで得られるメリットとしては、前述のように以下のような不正を防ぐことができます。

・所得隠しによる脱税
・生活保護の不正受給

 

きちんと税金が必要なところに必要なだけ回るようになれば、僕たちの生活の生活の中で得られるメリットも増えてくることが予想できます。

<例えば>
・高所得者から正しく納税される⇒収入のない学生が援助を受けられる
・生活保護の不正受給⇒介護・医療の援助が厚くなる

給付金等の手続きが簡易化される

特別定額給付金のような政府や自治体からの給付金が発生した際に、手早く簡単に給付がなされるようになります。

 

海外ではオンライン申請から2日後には給付金が入金されるという国もあったので、同じ水準で給付金を受け取ることができるようになるかもしれません。

 

また今回のように手続きで混乱が起きると、給付金を受け取る側だけでなく処理する側も膨大な労力がかかってしまいます。

 

マイナンバーと銀行口座が紐付けられると、これらが全て解消されることになります。

 

マイナンバーカードを持つことのメリットは以下の記事でもまとめているので参考にしてみてください。

mynumber-convenient
マイナンバーカードでできること|意外に便利な9つのメリット

続きを見る

マイナンバー紐付けによるデメリット

demerit

所得や預金額などの資産が国や自治体に把握される

マイナンバーと銀行口座を紐付けすると国や自治体が個人の所得や預金額を把握することができるようになります。

これは全ての口座を紐づけることが義務化された場合です。

 

国や自治体が個人の資産情報を把握したとしても悪用するわけではありませんが、サイバー犯罪は100%防げるものではなく、情報漏洩が起きるリスクがあります。

 

マイナンバーカードを持つことのデメリットは以下の記事でもまとめているので参考にしてみてください。

mynumber-demerit
マイナンバーカードを作らない人が多い理由|11のデメリットを解説

続きを見る

まとめ

マイナンバーと銀行口座の紐付けはすでに始まっており、2021年には義務化される見通しです。

 

マイナンバーの紐付けのメリットとデメリットは以下です。

<メリット>
・不正が防がれて税金が正しく活用される
・給付金等の受け取りが簡単になる
<デメリット>
・資産が国や自治体に把握される

 

あまり大きくメリットは感じないものの義務化は進められます。

 

マイナンバーに様々な情報が紐付けられることでマイナンバーカードを持ち歩くリスクは高くなっていきますが、マイナンバーカードを保有していることで得られるメリットは今後も増えていくことが予想されます。

mynumber-picture
マイナンバーカードの写真をスマホで上手に撮影する4つのコツ

続きを見る

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-マイナンバーカード
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.