株式投資

ネット証券と店舗型証券の違い そのメリットとデメリット


投資を始める時にとにかく身近なネット証券を利用している人も多いと思います。
逆にいきなり店舗型証券を利用するという人は少ないのではないでしょうか。

今回はネット証券と店舗型証券の違い、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

ネット証券と店舗型証券の違い

ネット証券はインターネットから登録をすることでネット経由で取引を行うことができます。
このネットでの取引では個人投資家自身で取引を行うものになります。

一方、店舗型証券では店舗の担当者が一人つくことになります。
そして取引はすべてこの担当者に依頼することで取引を行ってくれます。

ネット証券の特徴

メリット

手数料の安さ
ネット証券の場合は店舗を構える必要がないため、手数料が安いです。
これはネット保険も同様ですが、店舗維持にかかる固定費や人件費などが不要になるため、その分を利用者に還元できるからです。

取引の手軽さ
ネット上で取引ができるため、自分が売買をしたいと思ったら瞬時に取引ができます。
突然の急落が起きた場合でもすぐに決済をすることが可能です。

デメリット

自己判断での投資
ネット証券の場合はアドバイザー等がつかないため、すべての投資判断は自分の判断になります。
ですが、証券会社が様々なツールを用意していますので、自分自身で情報収集さえ行えば投資の精度を上げることができます。

店舗型証券の特徴

メリット

プロのアドバイス
店舗型証券では担当者が一人ついてくれるため、アドバイスを受けながら投資をすることが出来ます。
投資初心者には大きなメリットですね。

IPOの分配
店舗型証券の場合にはIPO(新規公開株)を担当者ごとに割り振られている場合があります。
ネット証券の場合では抽選でしか購入ができないIPOを担当者次第では直接購入することが可能です。
ただし、大口の優良顧客ほど優先的に分配されるため、最初はあまり期待できません。

デメリット

手数料の高さ
店舗型証券では店舗構えて取引を代行するため、固定費や人件費などの分、手数料が高くなってしまいます。

取引のタイムラグ
担当者へ取引を依頼する必要があるため、瞬時の取引ができず、突然の急落が発生したとしてもすぐに決済ができません。

まとめ

どちらにもメリット・デメリットはありますが、まずはネット証券でスタートするのが良いのではないでしょうか。

まずは自分で情報収集しながら経験を積み上げて勉強していくという習慣を身に付けることが大事です。

資産規模を大きくしてから、あまり流動的にならない投資手法を店舗型で取り、プロのアドバイスやIPOなどのメリットを享受するのが良いと思います。


それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-株式投資

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.