育休

【男性の育休取得】取得して5か月が経過しての感想

育休を取得して5か月が経過し、年も明けてしまいました。

ここまで長いようであっという間でしたが、
5か月経って感じていることをまとめていきたいと思います。

育児に慣れる

4か月で子どもの一日のサイクルを把握し始めました。
【男性の育休取得】取得して4カ月が経過しての感想
子どものペースを理解していると
どのタイミングで何をすると良いかわかり始めてきます。

少しずつ自分に余裕が出てきたり、
時間の作り方がわかってくるのでイライラも少し減ります。

ただし、子どもがこちらの予想を超えた行動をすることが多々あります。

日々成長しているから当然のことですが、
こちらがこのぐらいだろうと思っているものを超えてくると
こちらの体力が非常に削られます。

例えば午前午後と昼寝もして、けっこう遊んでもいるから
夜はこのくらいで寝てくれるだろうと考えます。

ところが疲れているし、眠たいけれど「寝たくない!」の一心で
全然寝てくれなかったりします。

他には昼寝をした後に気分転換で外に連れ出して
15時前後にまた寝てくれるだろうと思っていたら、
外で寝てしまって家に帰ると起きて元気に遊びまわって大人は休めないとか多々あります。

ただ、そういうこともあると念頭に入れて
子どもの生活リズムを作っていくことで育児に余裕が生まれてきました。

焦り始める

休むこと自体には1か月ほどですぐに慣れましたが、
育児はなかなか落ち着いていきません。

それが上記のように予想外のこともあり、
毎日ヘトヘトですがようやく育児も落ち着いてきだしたことで、
いろいろ考える余裕が出てきました。

そして少しずつ復職も近づいてきています。
復職を考えると少し焦りのようなものがあります。

育児のために休業しているので、
普通に復職するので問題ないのですが、
自分の中で何かひとつでもやり遂げたいという焦りです。

このブログを書き残しているのもやり遂げたいもののひとつです。
あまり無い長期の休みの機会なのでやれることを模索していこうと思います。

とにかく子どもに癒される

上記のように5か月が経つとそろそろ復職のことを考え始めます。

まだ保育園に預けられるかわからない状況ですが、
この子を預けて出社するイメージを作ったりもします。

すると「この子が知らない人たちにちゃんと預けられてくれるのだろうか」と心配にもなります。

そんなことを考えながら、毎日の育児でヘトヘトになりつつ
子どもの相手をしていると僕の顔を見てニカっと笑ってくれるのです。

前までは表情として笑ってることはありましたが、
今はきちんと相手を見て嬉しい時に笑っています。

いろいろ考えないといけないことが増えてくる中で、
この笑顔にすごく癒されています。

さいごに

5か月を経過すると育児の仕方も安定してくることから
復職後のことなど、様々なことを考え始めるようになり、
そのことでいろんな焦りなんかも出てきます。

何に焦るのか、育休のうちに何をしておきたいか。
それらをひとつひとつ整理して処理していきましょう。

毎日一緒にいるこの子を預けて仕事に行くことになるのかと思うと
今からすごく寂しい気持ちになってしまいますw

一生で一番子どもと触れ合えるこの時間を大切にしていきましょうね。

それではまた。

育休4か月の感想はこちら↓↓
【男性の育休取得】取得して4カ月が経過しての感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-育休
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.