育休

【男性の育休取得】育児休暇の延長を申請するも思わぬ障壁

僕が育休を取得してもうすぐで半年が経ちます。

娘が2月末に生まれたため、
あと1か月ほどで育休が終了してしまうのですが、
延長を申請するために会社の人事に問い合わせたら思わぬ障壁にぶつかりました。

今回はこの経緯と現状をまとめていきたいと思います。

延長を希望する理由

保育園が決まるかわからない

4月から保育園の入園希望を申請していますが、
待機児童が問題になっているように保育園に入れるかどうかわかりません。

保育園に入ることが出来なった場合に
奥さんの復職と含めて我が家はどうしていくのか。
育児はどうしていくのか。
それらを考えないといけないため4月まで延長しておきたいのが理由のひとつです。

保育園が決まった場合も生活リズムを整えたい

もし保育園が決まった場合も復職前に保育園に預けるという
生活リズムを整えたいのがもうひとつの理由です。

今は子どもが寝てくれている時はなるべく寝かせている状態ですが、
復職して保育園に預けるようになれば、
朝早くから準備して預けて出勤するというサイクルになります。

このサイクルにかかる時間もやってみないとわかりませんし、
そのサイクルに慣れるのに時間がかかると思います。

このサイクルに慣れるために生活リズムを整えていきたいと思います。

育休延長するための方法

保育園に入れなかった場合

保育園に入れなかった場合に子が1歳6か月になるまでの延長が出来ます。
また1歳6か月までの間にも保育園に入れなかった場合は最大2歳までの延長が出来ます。

延長は認可保育園に入れない場合に限るため、
認可外保育園では延長の対象外になります。

パパママ育休プラス制度

両親が共に育休を取得している場合に1歳2か月までの延長が出来ます。
要件は以下となります。

① 配偶者が子が1歳に達するまでに育児休業を取得していること
② 本人の育児休業開始予定日が、子の1歳の誕生日以前であること
③ 本人の育児休業開始予定日は、配偶者がしている育児休業の初日以降であること

上記に当てはまれば対象者となりますが、
育休が取得できる期間は産後休業含め1年間ということは変わらず、
出産から子どもの誕生日まで育休を取得している場合は延長が出来ません。

申請が上手くいっていない理由

保育園の不承諾通知書が必要

保育園に入れなかったことを理由に延長する場合には、
保育園に入れなかった証明になる不承諾通知書が必要となります。

そしてこの不承諾通知書は1歳の誕生月のものである必要があるのです。

娘は昨年2月に生まれたので今年の4月からの入園希望でだけ申請をしました。

つまり保育園が入れなかったから育休を延長という方法は
すでに手遅れになってしまっているのです。

もっと早くに細かく調べておくべきでした。

配偶者の育休取得期間の問題

人事からは「パパママ育休プラス制度の対象になるには
奥さんが子が1歳になる前日までに復職している必要があります」と連絡がありました。

奥さんの復職は4月を予定しているので上記が条件であれば対象外なのですが、
人事から合わせて送られてきた資料を確認してもそういった内容を明記したものは無く、
問題ないのではないかと聞き返しました。

「1人当たりの育休取得可能最大日数は産後休業含め1年間」という部分が要件になりますとの回答。

僕は理由があって8月からの育休取得をしています。
2か月延長したとしても9ヶ月の育休取得になります。
対象外となる理由が理解できないため東京労働局に直接確認してみました。

東京都労働局雇用環境・均等部に直接確認

延長は問題ない

労働局に電話するなんて初めてのことで少し緊張しました。
伝えることをまとめてから恐る恐る電話。

最初は受付の人が出て担当に代わりますとのこと。
代わって出てきたのがそこそこ良いご年齢の男性の声で少しビビります。

自分の状況を伝えると
奥さんも育休を取得していて自分も育休を取得していれば
パパママ育休プラス制度の対象であり、
「1人当たりの育休取得可能最大日数は産後休業含め1年間」という部分は
申請する個人の育休取得期間なので僕が育休を延長することは問題ないという回答でした。

人事へ再依頼

労働局の担当者さんの話を聞いて一安心。

おそらく女性に対する育休の説明が多いため、
対象者を勘違いしているのではないかと思います。

まだどうなるかわかりませんが
労働局に確認して問題なかったことと再延長の希望を人事に連絡し、
回答待ちの状態になりました。

さいごに

パパママ育休プラス制度はこれからの申請で利用が出来るかもしれませんが、
保育園に入れなかった場合の延長はもう出来ません。

もっと早くに情報収集をしておくべきでした。

きっと世間には同じような失敗をしている人も多くいると思います。
同じような失敗をしないためにも早め早めに行動を取るようにしましょうね。

それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-育休
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.