リテラシー

便利でお得!スマホ決済の使い方とおすすめアプリ4選


2019年10月1日に消費税が8%から10%へ引き上げられました。
その消費増税に対する影響緩和策として、キャッシュレス決済をすることで2%~5%のポイント還元を行っています。

政府がキャッシュレス決済を推進していく中で、PayPayやLinePeyなど様々なスマホ決済がキャンペーンを打ってシェア獲得に注力しています。

ただ、スマホ決済と言っても実際にはどうすれば良いかわからないといった理由から、なかなか利用したことが無いという方も多いと思います。

今回は僕がおすすめするスマホ決済アプリとその使い方をご紹介していきます。

結論としてはそれぞれで違うお得なキャンペーンがあるので、この4つくらいは全て利用することがおススメです。

おすすめスマホ決済アプリ4選

PayPay

まずスマホ決済で一番認知度が高いのがPayPayです。

PayPayはユーザー獲得のために様々なキャンペーンを打っています。
「100億円あげちゃうキャンペーン」などで話題になりました。

消費者還元補助の5%に加えてさらに5%が還元されるキャンペーンや、特定のスーパーで14時までの買い物で5%還元など、キャンペーンを多く打ち出しているのが特徴です。

全国展開しているようなお店だけでなく、町にある小さなお店でも取り扱いが多いので、利用機会が多いのもメリットです。

また以下のような便利な機能もたくさんあります。

・友達への送金や受け取り、割り勘などもアプリ内で完結
・Tカード情報を登録することでTポイントの利用
・公共料金の請求書支払い



PayPayはお得なキャンペーンと便利な機能を併せ持つため、メインのスマホ決済として利用することをおススメします。

PayPayの登録はこちらからどうぞ。
IOSの方はこちら
Androidの方はこちら

楽天Pay

楽天Payは楽天ポイントとの連携が出来るスマホ決済です。

日ごろ楽天カードなどで貯めた楽天ポイントを楽天Payで支払いすることも可能です。
(もちろん普通にチャージして支払いすることも可能)

直近では5%還元などのキャンペーンが多く出ていますが、
楽天Payへのチャージ方法を楽天カードにしておくとさらに1%分のポイントももらえます。
普段から楽天をよく利用する方は楽天Payがすごくお得です。

楽天ユーザーにとっては還元率が高いスマホ決済になりますので、登録しておきたいアプリです。
詳しくは別記事にまとめましたのでこちらをどうぞ。
【楽天ペイがお得な理由】還元率について詳しく解説

メルペイ

メルペイは「メルカリ」のアプリをインストールすることで利用が出来るスマホ決済です。

メルカリは不用品を売ることが出来るフリマアプリですが、売り上げを現金化する際に1万円以下の場合は手数料がかかり、振込が可能な期限が発生します。

ですが、メルペイの利用登録していれば売り上げを使って支払いが可能になり、期限もなくなります。
もちろん自分の銀行口座に出金することも可能です。

機能としてはクーポンと後払い機能があります。

後払い機能は、支払い金額に残高が足りなくても決済をすることができ、後から残りの支払いをする機能です。
個人的にはいつも残金を把握して支払いをしているのであまり使いません。

CMなどで宣伝されていますが、還元率の高いキャンペーンが時期によって打ち出されます。
メルカリを利用したことが無いという人もメルペイの登録のためにインストールしてみてください。

不用品を売ってみることでちょっとしたお小遣いを稼ぐことも出来ます。
フリマアプリの使い方を別記事でまとめていますので参考にどうぞ。
まずは不要なものを売ってみよう【フリマアプリの使い方】

LINEペイ

LINEペイはLINEアプリをダウンロードすることで利用できるスマホ決済です。
LINEに入って右下に「ウォレット」という項目があり、そこで登録ができます。

LINEペイの機能としては以下です。

・LINEでつながっている友達に送金が出来る
・様々なカードを登録できる(TカードやPontaカードなど)
・クーポンが利用可能


[ads]

スマホ決済の利用方法

スマホ決済をまだ利用したことが無いという方は実際に使うまでの流れがわからず戸惑ってしまうかもしれません。

そんな方のために利用方法をまとめました。
どのアプリでも基本的にはすべて同じになります。

1)アプリをダウンロード

まずはスマホに決済アプリをダウンロードしましょう。
メルペイとLINEペイはそれぞれメルカリとLINEのアプリ内にペイの機能があります。


2)引き落とし先の銀行口座を登録する

ダウンロードをしたらアプリに入ります。
最初はアプリにお金が入っていない状態なので入金する必要があります。
入金のために引き落としをするための口座を登録します。


3)アプリにお金をチャージする

アプリに口座を登録出来ればチャージをしてみましょう。
チャージには暗証番号の入力が必要です。
一度チャージが完了すると次回からは指紋認証だけでチャージが出来たり、
認証もなくチャージをすることが可能です。


4)店頭でバーコードを提示する(もしくは読み取る)

レジでお支払いをする際にどのアプリで支払いをするかを伝えます。
自分でQRコードを読み取るか、店員さんにアプリのバーコードをスキャンしてもらって支払い完了です。


PayPayの場合はお店に置いてあるQRコードを自分で読み取ることが多いです。

自分でQRコードを読み込んだ場合は支払金額を自分で入力し、入力金額と支払いボタンを押すところを店員さんに見せるようにしましょう。

これで支払いが完了します。
簡単ですね。

スマホ決済だとQRコードを読み込むだけなので、現金のようにおつりが出たり、クレジットカードのようにサインや暗証番号の入力も必要ありません。

少しの手間ですが、これが無くなるととても早く決済が完了しますので、慣れると他の支払い方法が面倒に感じます。

[ads]

まとめ

おすすめスマホ決済アプリと利用方法をご紹介してきましたが、スマホ決済は難しいものではなく本当に簡単です。

財布を持ち歩く機会も減り、落とし物をするリスクや持ち運びの手間が確実に減ります。
そして何よりお得です!

スマホ決済は各社が自社サービスのシェアを獲得するために様々なキャンペーンを打ち出しています。

消費増税で家計負担が大きくなってしまう分、こういった新しいサービスをいち早く理解することで提供されるメリットを出来る限り享受しておくようにしましょう。

それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-リテラシー
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.