リテラシー

【子ども用印鑑を作る】印鑑の種類と選び方

前回、子ども名義の銀行口座を作るお話をしました。

今回はその銀行口座を開設するために必要な
子ども用の印鑑を作ったことについてまとめました。

印鑑の種類

一般のご家庭で必要になるのは主に3種類の印鑑です。
それぞれの用途と選び方が以下になります。

実印

実印の用途

実印は重要な書類に使う印鑑です。
車や不動産を購入する時に使います。

実印は役所に登録する必要があり、
使用時には実印とそれが実印であるという印鑑証明書というものが必要です。

15歳未満では実印の印鑑登録は行えませんが、
実印用の印鑑自体を持っておくと良いでしょう。

実印の選び方

【サイズ】
男性:15.0mm~18.0mm
女性:13.5mm~15.0mm

【書体】
篆書体(てんしょたい)

パスポートの表紙などにも使われている書体です。
家族で間違わないようにフルネームで作ることが一般的で、
女性の場合は苗字が変わるケースがあるので下の名前で作ります。

【素材】
男性:黒水牛
女性:琥珀
実印は耐久性能が重要です。
ずっと使うものなので少し高くなっても良い素材を選びましょう。

銀行印

銀行印の用途

銀行印はその名の通り、
銀行の口座に登録する印鑑になります。

お年玉をもらうと口座を開くというケースが多いため、
出産祝で銀行印をプレゼントされるということがあります。

銀行印の選び方

【サイズ】
男性:13.5mm~15.0mm
女性:12.0mm~13.5mm
【書体】

印相体(いんそうたい)
篆書体(てんしょたい)を元に作られた書体です。
偽造されにくいため実印、銀行印ともによく利用されます。
偽造などに備えてフルネームで作るのが望ましく、
女性の場合は下の名前だけにした際に実印と間違いやすくなるので、
実印を縦書きにしたら銀行印は横書きにしましょう。
【素材】
男性:黒水牛
女性:琥珀

認印

認印の用途

認印は日常で使う印鑑で、
例えば回覧板や宅配便の受け取り、
学校や会社での書類などで使用します。

認印の選び方

【サイズ】
男性:10.5mm~13.5mm
女性:9.0mm~12.0mm
【書体】
楷書体(かいしょたい)

認印は読みやすいものでOKです。
家族で使えるように苗字だけの印鑑にしましょう。
(この記事では書体を見比べるために仮のフルネームにしています)
【素材】
気軽に使う印鑑なので100均に置いてある三文判や
スタンプ印と呼ばれるシャチハタを使う人も多いです。

使い分けが必要な理由

印鑑は用途によって使い分けが必要です。
それは大人であっても子どもであっても同じことが言えます。

セキュリティ

印鑑が全て同じだとセキュリティに良くありません。

役所で登録している実印と普段から気軽に使っている認印で同じ印鑑を使っている場合に
普段から公的な効力のある実印の陰影を見せることになってしまいます。

その分、偽装などによる不正のリスクが高まります。

また使い分けることで経年劣化による破損を防ぐという効果も多少あります。

実印や銀行印に100均の印鑑はやめよう

セキュリティの観点から実印や銀行印に100均の印鑑を使うのはやめましょう。

100均の印鑑は大量に製造された印鑑になります。
つまり同じ自体の印鑑が世の中にたくさん出回っています。

その印鑑を実印や銀行印に使っていると
それだけ簡単に悪用されてしまう可能性があるということです。

実印や銀行印はハンコ屋さんにきちんと作ってもらいましょう。

ネットで作成した場合に同じ自体を選んでも
業者によって多少彫りが違ってきます。

子どもが生まれたら準備しよう

子どもに必要なものは銀行印

どの印鑑が子どもに必要になるかと聞かれると
最初に必要になるのは銀行印です。

我が家でも子ども名義の銀行口座を開設するために
銀行印だけは先に作りました。

実印は使うのはまだ先になりますし、
認印は家族でひとつあれば十分です。

銀行印はいずれ必要になるので早めに作っておいて問題ありません。

印鑑を持たせるのも教育

上記ではひとつだけ選ぶ場合で銀行印を挙げましたが、
可能であれば全ての印鑑を作っておくのが望ましいです。

というのも印鑑について学校では事細かに教えてもらいません。
(僕が忘れてしまっているだけかもしれません)

印鑑はとても大切なものです。

このとても大切な印鑑の意味をしっかりと子どもに教えるためにも
実印、銀行印、認印それぞれの違いを教えて家できちんと保管しておくことは、
子どもへの教育に大切なことです。

成人するタイミングで渡すのでOKなので、
それぞれ作っておきましょう。

さいごに

我が家ではネットでデザインを選んで注文をしました。
そして届いたのがこちらです。

デザインは奥さんが選びました。
作る時に僕は「印象的にある程度重みがある色が良い」と暗めの赤と言ったのですが、
結局こっちが可愛いということで届いた時には話に出ていない色になっていましたw

娘の印鑑なので奥さんが納得出来たものであればOKです。

自分の印鑑を持っているというのは、
なんだか誇らしくなります。

子どもにその喜びと責任感を感じてもらうツールにもなりますし、
そして子どものことを想ってくれていると伝わるツールにもなります。

子どもの印鑑を作ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-リテラシー

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.