株式投資

【2020年版】初心者におすすめのネット証券4選【ポイント投資で選ぶ】

securities-main

悩んでる人
投資を始めたいから証券口座を開きたい!でもどの証券会社を選べばいいの?はじめてだから少額から手軽に投資ができる証券会社を教えてほしい!

 

こんな疑問に答えていきます。 

 

本記事の内容
・ポイント投資ができるネット証券
・少額投資ができるネット証券
・一番おすすめのネット証券

 

結論から言うと証券会社は複数利用しましょう。

 

証券会社によってメリットがそれぞれ違うけど口座開設の方法は全て同じです。複数の口座を一度に開設してしまえば手間も省けます。

 

また複数の証券会社を使いこなすと言うと難しそうに感じてしまいますが、いたってシンプルな使い分け方です。

 

この記事を読み終わると開設しておくべき証券会社とその理由がわかります。

 

ポイント投資ができるネット証券

securities-point

投資初心者におすすめするのがポイント投資です。

 

ポイント投資とはTポイントや楽天ポイントなどサービスを利用することで還元されるポイントを使って投資をすることです。

 

証券会社の中にはポイントを使って株式を購入できたり、購入の手数料の一部がポイントとして還元されるところがあります。

日常生活でよく使うポイントが扱える証券会社は投資のハードルが下がるのでおすすめです。

 

それではポイントが使えるおすすめ証券会社です。

 

楽天証券

ひとつめは楽天が運営する楽天証券です。

楽天証券の特徴
・楽天ポイントが使えて貯まる
・コース次第で最大50万円まで手数料0円
・楽天市場のポイント還元率が上がる(+1%)
・預かり預金の金利が高い(0.1%)
・口座開設で楽天ポイントがもらえる

楽天証券は楽天ポイントで取引ができるのが最大の特徴です。

楽天ユーザー必見!楽天証券のメリットを解説【楽天ポイントで投資を始める】で詳細な解説をしています。

 

証券口座を開設するだけで楽天ポイントがもらえ、楽天市場の還元率もあがるので楽天ユーザーは楽天証券を利用しない理由はありません。

 

まだ楽天カードを持っていないという人は間違いなく損をしてしまうのでこれを機に登録をしてしまうことをおすすめします。

 

楽天ポイントは生活のいたるところでポイントを貯めることができます。それを楽天証券で投資に回せば投資効率が高まります。

少しずつでもお金を増やしていきたいという人にはおすすめの証券会社です。

≫楽天証券で口座開設

 

SBI証券

sbi-top

ふたつめはネット証券最大手のSBI証券です。

SBI証券の特徴
・Tポイントが使えて貯まる
・IPOの取扱銘柄が豊富
・プラン次第で最大50万円まで手数料0円
・外国株など取扱いサービスが豊富

 

SBI証券口座数・人気共にNo1のネット証券でTポイントを使った取引ができます。

 

最大手だけあって取扱できるサービスが豊富で海外株や金銀プラチナなどにまで投資ができるサービスの豊富さが売りです。ただTポイントと連携しているのものの使えるのが投資信託だけというところが今後の改善に期待です。

 

投資対象が多いので初心者のうちから利用してサービスに慣れておくことをおすすめします。口座の開設方法をSBI証券の口座開設方法まとめで解説していますので参考にしてください。

≫SBI証券で口座開設

 

少額投資ができるネット証券

securities-coin

投資初心者に必要なのは投資の知識と経験です。

 

知識ばかり詰め込んでいても意味がないので少額からでも投資をして経験を積み重ねておく必要があります。ここでおすすめする少額投資は1株からの株の購入ができるものを基準にしています。

 

株取引は100株からが基本ですが証券会社によっては1株単位で売買ができるサービスを提供しています。1株だと数百円~数千円という単位で投資ができるのでハードルが一気に下がるのでおすすめです。

 

それでは少額から投資ができるおすすめの証券会社をご紹介します。

 

LINE証券

ひとつめはLINEが提供するLINE証券です。

LINE証券の特徴
・1株から取引できる
・LINEポイントが使えて貯まる
・最大7%引きなどキャンペーンが豊富
・新規開設で最大3株プレゼント

 

普段LINEを利用している人もINE証券はあまり認知されていませんが実はすごく便利でお得なのがLINE証券です。

 

1株からの購入が可能で、3株プレゼントや最大7%引きなどのキャンペーンが多く展開されます。

 

LINEポイントで取引ができるのでLINEを経由して楽天市場で買い物をするなどポイントを得る工夫をすれば、現金を使わなくても投資ができます。

 

LINE証券はLINEのアプリ内で口座開設ができるのでサクッと簡単に手続きが完了します。LINEにはお得な情報が集まってくるので積立用のサブ口座として開設しておきたい証券会社です。

≫LINE証券で口座開設

 

関連記事:【初心者向け】少額投資を始めるのにLINE証券がおすすめな6つの理由

SBIネオモバイル証券

ふたつめはSBIネオモバイル証券です。

SBIネオモバイル証券の特徴
・1株から取引ができる
・Tポイントが使えて貯まる
・毎月Tポイントが200ポイントもらえて手数料実質無料
・IPOを1株から投資できる

 

SBIネオモバイルではTポイントを使った売買が可能です。

 

1株から取引できるので貯まったTポイントを少額でも積立ていきたい人はSBIネオモバイルがおすすめです。さらにIPOを1株から購入できるのは他の証券会社にはない強みです。

 

手数料は月間取引50万円以内で200円の月額制になっていますが、Tポイントを毎月200ポイントもらえるので、実質無料で取引ができます。

 

毎月200円分を強制的に投資に回すと考えれば年間2,400円、10年で24,000を自動的に投資に回すと思えば全然問題ない金額です。Tポイントで積立投資するならSBIネオモバイルです。

≫SBIネオモバイル証券で口座開設  

 

一番のおすすめは楽天証券

securities-recommended

個人的に一番のおすすめは楽天証券です。

 

生活にかかる費用を楽天カードや楽天ペイで支払って貯めたポイントを投資に回します。その投資の配当を受け取るだけでも楽天ポイントがもらえるので気付いたら楽天ポイントがたくさん貯まってる状態になります。

 

それをさらに投資に回していけば資産形成がどんどん進んでいきます。このサイクルだけ考えても楽天証券は開設しておくべきですね。

 

おすすめの使い分け方
メイン口座:楽天証券
サブ口座:SBI証券
LINEポイント用:LINE証券
Tポイント用:SBIネオモバイル証券

 

この使い分けで細かく分かれて使い道がなかったポイントも投資に回せます。これで初心者でも少額で積立投資ができるので全て開設しておきましょう。

 

手数料は気にしない

証券口座を開設する時に手数料の低い証券会社をおすすめされがちですが手数料は気にしなくて大丈夫です。

 

ひとつの取引では数十円の差でも積み重なれば大きいのでは?と思いますよね。そもそも売買で利益を出す手法をおすすめしないので手数料はそれほどかかりません。

 

詳しくは【初心者向け】株を高配当投資で運用するべき4つの理由で解説していますが、個人的に配当による積み立てで資産形成をしていく手法をおすすめします。

 

配当で収益を得る手法だと買い増ししていくだけなので細かい売買が発生しません。

 

とは言え、それでも手数料がかからないに越したことはありませんので、最初は手数料がかからない証券会社が良いという方は10万円以下の取引手数料が無料の松井証券 をおすすめします。

 

口座開設は無料なので開設しておいてOKですが、手数料は気にしなくて大丈夫です。

 

複数の証券口座を使った方が良い

証券口座のおすすめは楽天証券です。ですが証券口座の開設は無料でできるので複数の口座を開設しましょう。

 

今回ご紹介した各社のメリットをそれぞれ享受していけば資産形成も進みます。口座開設の方法は全て同じなので一度に開設して手間を省きましょう。

 

おすすめの使い分け方を再掲します。

おすすめの使い分け方
メイン口座:楽天証券
サブ口座:SBI証券
LINEポイント用:LINE証券
Tポイント用:SBIネオモバイル証券

 

資産が増えてきたら実店舗の口座を作るのもアリです。

 

実店舗とネット証券の違いはネット証券と店舗型証券の違い そのメリットとデメリットで解説しています。担当者と相談できてIPOの割り振りをもらえるのはメリットなので、資産が増えてきたら実店舗の口座開設もしたいところです。

人気記事 資産運用の初心者向けガイド|毎月2万円の不労所得を得る方法

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-株式投資
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.