節約

インターネット料金を節約!フレッツ光の人は最大年間約3万円が節約できる

setsuyaku-hikari1

悩んでる人
インターネット料金を節約して固定費を見直していきたい。でもインターネット料金をどうすれば節約できるのかわからない。そもそもインターネット料金は節約できるものなの?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • インターネット料金を最大年間3万円節約する方法
  • インターネット回線切り替え時の注意点

インターネット料金を節約しようと思ってもいろいろ難しく感じてしまい、なんとなく面倒で先送りにしてしまいがちです。ところがインターネット料金は見直しをすれば最大年間で3万円も節約できてしまうのです。

 

インターネット料金は毎月かかってくる固定費なので一度見直しをすれば効果は絶大です。

 

この記事ではインターネット料金を最大年間3万円節約する方法について解説していきます。

setsuyaku-summary
【節約は固定費を見直せば続けられます】簡単に年間14万円の節約をする方法

続きを見る

ネット料金は光コラボに切り替えで最大年間3万円節約

setsuyaku-hikari2

インターネットを昔から利用していてフレッツ光を利用しているという人は光コラボに切り替えるだけでインターネット料金を大きく節約することが可能です。

 

どういうことなのか詳しく解説していきますね。

光コラボにするだけで年間2万円節約

ご自宅のインターネットを固定回線で引き込んでいる場合に「フレッツ光」か「光コラボ」のどちらかでインターネットを利用しているご家庭が多くあります。

 

このフレッツ光と光コラボでの料金の違いを見ていきます。

 

【フレッツ光でプロバイダがBIGLOBEの場合】

タイプ 回線料金 プロバイダ料金 合計
戸建て 5,400円 1,200円 6,600円
マンション 4,050円 1,200円 5,250円

【光コラボでプロバイダがBIGLOBEの場合】

タイプ 回線料金+プロバイダ料金 合計
戸建て 4,980円 4,980円
マンション 3,980円 3,980円

フレッツ光を光コラボに切り替えるだけで戸建てが1,620円/月(19,440円/年)マンションが1,270円/月(15,240/年)も節約することができるのがわかります。

 

フレッツ光を利用している人は光コラボに切り替えれば年間でおよそ2万円の節約ができるのです。

auユーザーはさらに月1,200円割引

さらに携帯電話でauを利用している人には割引サービスがあります。この割引サービスは2パターンあります。

 

【auセット割り】

家族の誰かがau携帯を利用していればインターネット料金が500円/月もしくは1,200円/月割り引かれます。

割引料金の違いは携帯の契約プランによって異なります。

この判定は契約者の住所が一致していれば割引対象となるので、別居しているお家のインターネット料金は割り引かれませんのでご注意を。

 

【auスマートバリュー】

家族分のau携帯料金が500円/月もしくは1,200円/月割り引かれます。

割引料金の違いは携帯の契約プランによって異なります。

最大10回線まで割引なので同居する家族10人までそれぞれ携帯料金が最大1,200円割引になります。

光電話も契約などといった条件があります。

これらの割引は光コラボを提供するプロバイダによって利用できない場合もありますので、プロバイダのHPを確認しするようにしましょう。

 

光コラボに切り替えてauセット割りが適用されると年間で33,840円もの節約になります。月に約3,000円もの節約は意外と大きいですよね。それも固定費なので一度見直せばずっと節約できることになるので光コラボへの切り替えをおすすめします。

お得なキャンペーン

新規で光コラボを申込むと各社でお得なキャンペーンを実施しています。このキャンペーンはスポットでお得をするというものなので節約にはなりませんが、お得なものはもらっておきましょう。

 

BIGLOBEの場合は25,000円のキャッシュバックと工事費無料といったキャンペーンで特典金額が最大で61,000円ものキャンペーンになります。(2020/4/26現在)

 

各社で利用者獲得のためのキャンペーンを実施していますが、キャンペーン料金で選ぶよりは毎月の節約ができるサービスを選ぶ方をおすすめします。

ネット回線の切り替えにおける注意点

check

インターネットをフレッツ光から光コラボに切り替えることでインターネット料金は簡単に節約できるようになりますが、それには注意しておくこともあります。

 

把握しておきたい注意事項を説明していきます。

違約金が発生する可能性も

フレッツ光から光コラボに切り替える場合には違約金が発生する場合が2ケースあります。

 

【プロバイダを変更する場合】

光コラボに切り替える時にプロバイダも別のものに変更すると契約更新のタイミング以外での切り替えは違約金が発生する可能性があります。

光コラボに切り替える場合もプロバイダは同じプロバイダを利用するか契約更新のタイミングでの切り替えをおすすめします。

 

【フレッツ光が長期契約の場合】

フレッツ光の契約が長期契約になっていて割引を受けている場合は違約金が発生する可能性があります。

長期に利用することを前提とした割引ですが光コラボに切り替えると途中でサービスを変更してしまうことになります。

フレッツ光を利用していて長期契約による割引がないか確認するようにしましょう。

無線ルーターは購入がおすすめ

自宅でインターネットを無線で利用したいという時にプロバイダから無線ルーターのレンタルを受けることができます。また申し込み時に無線ルーターのレンタルを提案されます。

 

無線ルーターはレンタルしないようにしましょう。無線ルーターのレンタルには月額料金300円がかかります。

 

無線ルーターは4,000円程度のもので速度も十分なので購入しましょう。一度購入すれば引越先でも利用できて1年以上利用すればレンタルよりお得になってきます。

 

我が家では「エレコム WRC-1167GHBK2-S」を購入してスマホ、PC、TVなど複数インターネット接続していますが、動画もスムーズに見ることができています。

プロバイダ変更時は解約手続きを忘れないように

インターネットの契約を光コラボに変更する際にプロバイダも変更してしまう際には元のプロバイダの解約手続きを忘れないようにしましょう。

 

光コラボはNTTと新しいプロバイダ間のやりとりで契約ができてしまいますが、元のプロバイダには契約が切り替わったことを知るすべがありません

 

これを放置しておくとフレッツ光の契約時に発生していたプロバイダ料金1,000円程度が解約されるまで発生し続けることになります。以外とこの解約手続きがされていない契約は多いので確実に解約しておくようにしましょう。

光コラボとは

money-need7

光コラボに切り替えることで年間3万円もの節約ができることをお伝えしてきましたが、ここからは光コラボとはどういったものなのかを少し具体的に説明していきます。

 

節約方法だけわかれば良いという方は飛ばしてもらい、フレッツ光と光コラボの違いが気になるという方は御覧ください。

回線事業者とプロバイダ

インターネット環境の提供には2つの事業者が関わっています。

 

インターネットのための光ファイバー(物理的な回線)を提供する「回線事業者」とインターネットに接続するためのサービスを提供する「プロバイダ」です。

 

フレッツ光で見るとこの回線事業者が「NTT」となり、プロバイダが「BIGLOBE」や「So-net」などになります。フレッツ光の請求書がNTTとプロバイダでわかれて届くのは2社からのサービス提供を受けてインターネットを利用しているからです。

 

私たちが何気なくインターネットを利用するまでにNTTが物理的な回線を敷いて、プロバイダがその回線でインターネットに接続できるようにしているのです。

 

それが光コラボになるとなぜ安くすることができるのか疑問ですよね。光コラボの場合には少しこの仕組みが変わってきます。

プロバイダが回線を仕入れてネット環境を提供

光コラボの場合はプロバイダが光ファイバー(物理的な回線)を仕入れてネット環境を提供しています。

 

プロバイダが光ファイバー(物理的な回線)を仕入れることでNTTは営業コストをかけずに利用者を獲得できるようになります。その分を光ファイバー(物理的な回線)の提供料金から差し引くことができるのです。

 

プロバイダは光ファイバー(物理的な回線)を安く仕入れることで、そのままインターネットの提供料金を下げることができて利用者獲得がしやすくなります。

 

つまり光コラボはプロバイダがNTTから光ファイバー(物理的な回線)を安く仕入れることでインターネットを安く提供できるようになったのです。

 

そのため今までは利用者がNTTとプロバイダそれぞれと契約をしていましたが、光コラボではプロバイダとだけ契約をすることになります。請求書もプロバイダからのものに統一されてわかりやすくなりました。

利用者側には変わりない

光コラボは光ファイバー(物理的な回線)をプロバイダが仕入れてるだけなので、利用者側にとってサービス自体の品質には変化ありません。インターネット料金が安くなっただけです。

 

サービス提供がプロバイダになっても光ファイバー(物理的な回線)はNTTのものを利用しているので、工事などもNTTの関連会社が行います。

 

対面がプロバイダのみになっただけで受けるサービスの品質には影響ないのです。受けるサービスの品質に影響はなく値段が安くなることを踏まえるとフレッツ光から光コラボに切り替えない理由はありませんよね。

まとめ:フレッツ光を光コラボに切り替えて年間3万円節約しよう

got-this

フレッツ光を光コラボに切り替えるとインターネット料金が年間で約2万円も節約できます。auユーザーならさらに1万円が節約できることになります。

 

フレッツ光も光コラボもサービスの品質には違いはありません。サービスの品質に違いがなく年間3万円も節約できるのであれば光コラボに切り替えない理由はありません。

 

光コラボを提供しているプロバイダは格安SIMや新電力なども提供している会社が多く、それらも合わせて契約すると格安SIMで300円/月割引や新電力で100円/月割引などのセット割りがあります。

 

これらのセット割りも駆使していけばさらなる節約をすることができます。インターネットを光コラボに切り替えて固定費の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

saving-electrical1
電気代の節約には電力会社を変えるべき理由【新電力で年間5万円節約】

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-節約
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.