仕事・働き方

テレワークの生産性が大きく向上する3つの手法|メリハリをつけて成果を上げる方法

telework-routine
悩んでる人
テレワークを始めてみたけど自宅だとなかなか集中できない。テレワークで生産性を向上するための方法があれば教えてほしい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • テレワークの生産性を向上させる取り組み方
  • テレワークでもメリハリをつけて働く方法

 

テレワークを始めた時に自宅だと誘惑が多くて仕事に集中できなかったり、子どもがいる時期にはどうしても集中できないということがあります。本記事ではテレワークの生産性が向上する3つの方法をご紹介します。

テレワークの生産性を向上することができればプライベートも充実していくことができるので実践してみてください。テレワークの生産性を高めるためのアイテムも紹介していますのでこちらの記事も合わせてどうぞ。

remote-item
テレワークで生産性を向上させる13のアイテム|自宅を整えて快適な仕事環境を作る

続きを見る

テレワークの生産性が大きく向上する3つの手法

テレワークでの働き方で生産性を向上させるにはテレワークだからこその手法を取る必要があります。テレワークの生産性を向上させる方法は以下の3つです。

テレワークの生産性を向上させる方
・テレワークのルーティンを作ってスムーズに仕事に入る
・クリエイティビティの高い午前中に集中できる時間を作る
・集中しすぎないようにアラームを活用する

順番に見ていきましょう。

テレワークのルーティンを作ってスムーズに仕事に入る

telework-style

どうしても自宅だとやる気が起きないという人もいると思います。そういう人は仕事を始めるまでのルーティンを決めておくことでスムーズにスイッチの切り替えをすることができます。

ルーティンとは行動の習慣を作っておくことです。仕事をするまでの行動を一定のものにしておけば仕事モードにスイッチを切り替えやすくなります。たとえば朝起きてコーヒーを淹れたら仕事を始めるということでも良いでしょう。

特に効果的なルーティンをご紹介しておきます。

 

朝起きる時間を一定にする

朝起きる時間を一定にすることで、ついついダラけてしまう事を防ぐことができます。通常であれば通勤をする時間と同じ時間に起きることが望ましいです。

テレワークでは出勤時間がない分、朝の準備がゆっくりできます。そのため始業時間ぎりぎりに起きるということもできてしまい、起きる時間が遅くなりがちです。せっかくのテレワークでできた時間をダラダラするために使ってしまうと仕事までダラけてしまうことになります。

通勤の際と同じ時間に活動を始めることで朝の時間を有効的に利用することができ、自己研鑽や趣味に取り組むことができます。自分のやりたいことをする時間があれば、仕事も早く終わらせて自分のことをやりたくなってメリハリをつけることができます。

 

朝起きてからの行動を一定にする

朝起きてからの行動もある程度決めて一定にしてみましょう。たとえば「朝起きたら服を着替えて朝食を食べてからコーヒーをゆっくり飲む」などでOKです。大事なのは仕事に入るまでのサイクルを決めてしまうことです。

これがルーティンです。ルーティンを決めて取り組むことで、「ルーティンが終わったら仕事」というスイッチの切り替えが癖になります。最初は意識的にルーティンに取り組む必要がありますが、ルーティンに慣れてきたら余裕ができ、どれだけの時間で仕事に入り込めるか計算できるようになります。必要な時間の確保ができれば空いた時間で読書や勉強などの自己研鑽でスキルアップを図ることができ、さらに仕事の生産性を向上させることができます。

 

翌日やる仕事のタイムスケジュールを決めておく

上記のルーティンに加えて翌日の仕事のタイムスケジュールをある程度決めてしまいましょう。当日になって何をするか整理しようとすると一日の初めに余計な労力を使ってしまうことになります。

前日のうちにタイムスケジュールを決めておくことで当日は労力を仕事にフルで割くことができ、リフレッシュした状態で仕事に取り組むことで生産性が大きく向上します。前日のうちにタイムスケジュールを切っておく習慣を身につけましょう。

【テレワークのルーティン作りのポイント】
・朝起きる時間と仕事を始めるまでの行動をルーティン化する
・前日のうちに仕事のタイムスケジュールを切っておく

 

クリエイティビティの高い午前中に集中できる時間を作る

telework-morning

テレワークをすると朝に余裕ができます。朝は頭がリフレッシュした状態で生産性が一番高い時間帯です。この朝の時間を最大限に活かすことでテレワークの生産性やプライベートの充実を向上させることができます。この午前の時間を最大限に活かす方法を考えていきましょう。

午前はゴールデンタイム

午前中は頭がリフレッシュした状態なので一番生産性が上がる時間帯で「ゴールデンタイム」と呼ばれています。午前中はクリエイティブな仕事を中心に行うようにすることで生産性が大きく向上します。

通常、出勤をしていると満員電車に揺られて出社し、仕事を始めても同僚や上司に声をかけられるなど、突然仕事を振られるということも日常茶飯事です。ところがテレワークの場合には、これらの集中力を妨げる阻害要因が最小限になります。チャットや電話などで突然の仕事が飛んでくるかもしれませんが、たいていは自分で集中していられる時間を作ることができるはずです。

リフレッシュした状態でゴールデンタイムを活用できるのはテレワークの最大のメリットです。午前中は極力メール対応や打ち合わせを避けて、より重要な仕事に取り組むようにしましょう。単純作業やメール返信は午後に片付けて、打ち合わせも最小限に抑えるという仕事のやり方が理想です。

 

余計な打ち合わせを入れない

テレワークでも電話会議やチャットツールを利用した打ち合わせの機会は多くあります。ですが、前述したように打ち合わせはなるべく午前中には入れないように調整しましょう。重要な打ち合わせや商談などはしょうがないですが、午前中はなるべく重要な仕事に取り組んだ方が生産性が向上します

定例会や報告会といった打ち合わせは、なるべく午後に設定するように工夫してみましょう。とは言え、自分でコントロールできる範囲も限られているケースもあるため、可能な範囲で調整しましょう。むやみに打ち合わせを避けてコミュニケーションがうまく取れないようでは、会社側にテレワークのデメリット面を強く認識されてしまいます。働きやすい環境を作るためにも最低限の協調は必要です。

 

テレワークとフレックスで理想の働き方を実現

テレワークに加えてフレックスも利用できる場合は始業時間を早めることをおすすめします。9時が始業だとすれば、出勤の場合は8時には家を出ている人が多いはず。つまりテレワークでは8時から仕事を始められることになります。フレックスで8時に仕事を始めればゴールデンタイムの時間を長くして午後は早めに終わることができます。

生産性の高い時間が1時間増えれば、月20時間も生産性が向上することになります。さらに終業時間も早まるのでプライベートの時間を充実させることができます。テレワークとフレックスを組み合わせれば、「仕事の生産性を向上させてプライベートも充実させる」という理想の働き方を実現できます。可能な人はフレックスも利用してみましょう。

【ゴールデンタイムを作るポイント】
・ゴールデンタイムにクリエイティブな仕事をする
・フレックスを活用して生産性を向上させつつプライベートも充実

 

集中しすぎないようにアラームを活用する

telework-alarm

テレワークでメリハリを作るコツはアラームを活用しまくることです。アラームはキッチンタイマーでもスマホのアラーム設定でも何でもOKです。テレワークは生産性が高い一方で、集中しすぎることが欠点です。気付いたら3時間経っていたということが多々あり、ひとつのことに多くの時間を費やしてしまいます。

集中して仕事ができるのは良いことですが、長時間続けて仕事をすると疲労も大きくなってしまい、後半は集中力が欠けてしまいます。そこでアラームを活用して時間を区切ることで、上手にタイムスケジュールを切った仕事配分ができます。

 

タイムスケジュール全てをアラーム設定する

タイムスケジュール全てをアラーム設定しておくことをおすすめします。ひとつの業務にのめり込みすぎることも防げますし、時間を区切ることで時間内にできるようにスピードを意識した仕事ができるようになります。

もちろん必要な仕事には時間を使うべきですが、すべて適度に行うことが望ましいのです。必要な所要時間を把握するためにもまずは時間を区切ってアラームをかけてみてください。結果的に時間を意識して、仕事の処理スピードも向上していきます。

 

1時間ごとに休憩のアラームも設定する

テレワークでは意外と休憩を取らずに仕事をしてしまいがちです。一人で仕事をしていると集中できて、ついつい長時間作業をしてしまいます。また声をかけられることも無いため、休憩のタイミングが計りづらく、自宅で休むという罪悪感から休憩しづらいということも出てきます。

ですが、適度に休憩を取らないことでどんどん生産性が落ちていってしまい、「テレワークは疲れる」ということになっては元も子もありません。そうならないためにも休憩の時間もアラーム設定して強制的に休憩を取ることをおすすめします。

 

休憩時間には昼寝もあり

テレワークの良さは場所を選ばないということです。自宅で仕事をしているなら休憩時間には思い切って横になり、眠気がある時は昼寝をすることもひとつです。職場ではなかなか休憩時間に睡眠をとるということはやりにくいですが、自宅で仕事をしていれば誰の目を気にすることもありません。

眠気で生産性が落ちてしまうくらいなら、いっそのこと仮眠をとって生産性を向上させましょう。ただし寝すぎないようにしっかりアラーム設定しておきましょうね。

【アラームを活用するポイント】
・タイムスケジュールをアラームで切ることで仕事のスピード感を上げる
・こまめに休憩をとって生産性を向上させる

テレワークの生産性を向上させればプライベートも充実できる

end

おさらいです。テレワークの生産性を向上させる方法は以下の3つです。

テレワークの生産性を向上させる方
・テレワークのルーティンを作ってスムーズに仕事に入る
・クリエイティビティの高い午前中に集中できる時間を作る
・集中しすぎないようにアラームを活用する

上記の3つを意識してテレワークに取り組むことで、出社して仕事をするよりも生産性が向上し、かつ自分のスキルを磨く時間やプライベートの時間を充実させることもできます。

今後より一層テレワークという働き方が多くなっていきます。テレワークだと集中できずに生産性が落ちてしまということがないように工夫していきましょう。テレワークは生産性も向上するしプライベートも充実する最高の働き方です。可能な人はフレックスの制度も上手く活用して、自分の理想とする働き方を実現していってみてください。

telework-fulfilling
テレワークでプライベートを充実させれば仕事が上手くいく話【有効な時間の使い方】

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-仕事・働き方
-

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.