仕事・働き方

テレワークがうまくいく14のコツ|集中力の向上と疲れない対策

telework-tips

テレワークを始めたものの普段は職場に出ていたからこそ仕事のスイッチが入っていたけど、自宅ではなかなか集中できなかったり、疲れてしまってうまくいかないという人も多いと思います。

 

今回はテレワークがうまくいくための14のコツをご紹介していきます。テレワークが始まったという人は参考にしてみてください。

テレワークで集中力を向上させる対策

まずは仕事の効率を上げるために集中力を向上させる対策を見ていきましょう。

テレワークでも職場と同等か、それ以上の生産性を上げるには少しコツが必要です。

テレワーク専用のスペースを作る

実際に仕事をする環境はとても大事です。リビングでそのまま仕事をしようとしてもなかなか集中できないもの。自宅の中にテレワーク専用のスペースを作ることで快適さを高めるだけでなく、仕事スイッチへ切り替えやすいようにしましょう。

 

テレワークの生産性を高めるアイテムについてはこちらの記事でご紹介しています。

remote-item
テレワークで生産性を向上させる13のアイテム|自宅を整えて快適な仕事環境を作る

続きを見る

外が見える明るい環境で仕事をする

仕事をするには明るさも重要です。暗い環境で仕事をしていても気がふさいでしまい生産性が落ちてしまいます。できれば外が見えるような場所で明るい環境を作って仕事をしましょう。

 

集中をしすぎる場合には時間の経過も感じられるので切り替えがしやすくなる。かつ、外が見えていることで気分転換にもなります。

メリハリをつける

テレワークの生産性を高めるには働き方にメリハリをつけましょう。

 

・ルーティンを作って仕事に入る
・午前中に重要な仕事をこなす
・アラームを使ってタイムスケジュールをする

上記のポイントを押さえることでメリハリをつけた仕事ができるようになります。

 

詳しくは以下の記事に書いているのでチェックしてみてください。

telework-routine
テレワークの生産性が大きく向上する3つの手法|メリハリをつけて成果を上げる方法

続きを見る

音楽をかける

職場では音楽を聴きながら仕事をすることがはばかれるケースもありますが、音楽をかけながら仕事をする方が集中できるという人は音楽をかけてみましょう。

 

職場ではない場所で仕事をするからこそできるメリットです。自分が集中しやすい環境をとことん追求していきましょう。

雑音を遮断する

一方で雑音があると集中できないという人は雑音を遮断するようにしましょう。音楽をかけずにイヤホンをするだけでも遮音性はかなり違います。

 

電話が鳴らないようにしておくことや部屋にこもって仕事をするなど雑音の遮断方法もいろいろあるので試してみましょう。

テレワークで疲れないための対策

テレワークで問題となるのが集中しすぎることによる疲労です。長時間にわたって連続的に仕事をしてしまうことで健康被害が起きてしまう場合もあります。ここからはテレワークで疲れすぎないための対策を見ていきましょう。

時間を区切って体を動かす

アラームなどとであらかじめ時間を区切っておき、体を意識的に動かすようにしておきましょう。たとえば仕事を1時間したら5分間はストレッチをするなど、座って仕事をしている状態から違う態勢をとるようにするだけでも疲労感はかなり違ってきます。

 

気持ちがリセットされえて集中力も増えるので試してみてください。

適度に気分転換する

テレワークで仕事をしていても適度な休憩は必要です。特にテレワーク中は自分ひとりで仕事をしているという環境の人が多いため、罪悪感からか休憩を取らずに仕事を続けてしまう人がいます。適度に気分転換をして休憩を取った方が生産性は向上するので、休憩は必ず取るようにしましょう。

 

なるべく外へ出て散歩をしたり、カフェでコーヒーを買ってきたりなど、仕事とは関係のないことをすることで気持ちをリセットさせましょう。

telework-surveillance
テレワークに監視ツールの導入はストレスとコストを上げて生産性を下げる

続きを見る

プライベートを充実させる

仕事だけでなくプライベートを充実させることにも力を入れましょう。おすすめは仕事の後にスポーツジムに行くことです。ヨガやピラティスなども良いです。仕事をしているだけだと気がふさぎがちになってしまい、スイッチの切り替えができなくなってしまうので、余計に疲れが残ってしまいます。

 

運動をすれば疲れると思いがちですが、負荷の低い運動は逆に疲労を取る効果があるので、積極的に運動してみるのもいかがでしょうか。

telework-fulfilling
テレワークでプライベートを充実させれば仕事が上手くいく話【有効な時間の使い方】

続きを見る

リラックスできるものを用意しておく

コーヒーや音楽以外にもアロマや映画など、自分が一番リラックスできるものを用意しておきましょう。休憩時間にマンガやドラマを見るのでもOKです。

 

仕事の合間にリラックスできるものを用意しておくだけで気分が切り替わり、一日の疲労感も違ったものになります。

仕事以外にしておくコツ

テレワークがうまくいくためのコツには仕事以外でもやっておくことがあります。

あらかじめ決めておけば気持ちよく仕事に取り組めるのでチェックしておきましょう。

家族との役割分担を決めておく

在宅でテレワークをする場合には家に1日中いることになります。そのメリットは隙間時間で家事ができることです。とはいえ、仕事に集中していたり、忙しい時にはなかなか家事をする時間が作れません。ですが、家族からしたら家に1日中いるのに何もしないと思われると家族の雰囲気が悪くなってしまいます。

 

そうなれば仕事どころでもなくなってしまうので、あらかじめ家族と役割分担を決めておきましょう。やることが決まっていれば、いかに時間を作って家事をやるかということになり、仕事と同じように時間調整をする意識が生まれます。

 

それでも時間を作ることができなければ家族に説明もでき、きちんと決めた分担ができていれば気持ちよく仕事をすることができます。役割分担はあらかじめ家族と相談しておきましょう。

ひとりの時間を作る

テレワークをしていると外に出ることもなく気分を変える暇がなくなります。特に自分ひとりの時間を過ごすということができなくなってしまうので、意識的にひとりの時間を作る必要があります。

 

それは自分自身だけでなく、パートナーにも言えることです。家事や育児に一緒に取り組むことはとても素晴らしいことですが、同じくらいに自分の時間を持つことは大事なことです。お互いに協力するだけでなく、交互に分担することでお互いにひとりの時間を作る努力をしてみてください。

外食を取り入れる

在宅だからこそ昼食や夕食では自炊がしやすくなります。ですが自炊を続けるのは体力的にも思考力的にも疲れる作業です。無理をせずに外食やテイクアウト、総菜で済ますという日を取り入れるようにしましょう。

 

毎日がそうならないように曜日や日にちを決めて、自炊と外食を計画的に取り入れましょう。

起きる時間を通常時と変えない

テレワークでは通勤する必要がなくなるので朝をゆっくり過ごすことができます。そうなると始業時間ぎりぎりまで寝てしまうという人も多いですよね。ですが起きる時間は通常時と変えないように意識してみましょう。

 

本来は通勤している時間を有効活用できれば、生活は大きく変わります。家族の時間が増えたり、家事を早く終わらせることができるなど、通常時ではできなかったことができるようになるので、プライベートが充実し、仕事もメリハリが生まれて効果的です。

commuting-waste1
通勤時間は無駄じゃない?テレワークで気付く通勤のメリット

続きを見る

まとめ

テレワークはコツをつかめば、仕事の生産性も大きく向上し、プライベートの充実度も高まります。プライベートが充実すればさらに仕事にも活力が生まれるという良いサイクルができます。テレワークを始めたものの、うまくいかないという人は本記事でご紹介したコツを試してみてください。

 

テレワークは生活が充実する働き方です。それなのに仕事もプライベートもうまくいかないというのは、かなりもったいない状態なので、一度、改善できることがないか振り返ってみてください。テレワークがうまくいけば生活がより一層楽しく充実したものになりますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-仕事・働き方
-

Copyright© Kenboblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.