自然災害

【2020】台風11号ノウルが24時間以内に発生!今後の台風は最強クラスに発達も|米軍や気象庁の進路予想

windy-2020-11-8

台風10号の今後の進路も気になるところですが、台風11号となる台風のたまごの状態も気になります。

 

今後の台風は最強クラスに発達する可能性があると予測されています。

今年は台風のコースが、9月に入っても8月によく見られる経路を通っていますが、今後は、太平洋高気圧が徐々に後退する予想です。秋台風によく見られるコースに。本州の南の海面水温は30℃と記録的な高さとなっているため、台風が発生すると最強クラスに発達する可能性があり、警戒が必要です。参照:tenki.jp

 

台風11号の状況もチェックしていきましょう。

typhoon-2020-10-1
【2020】台風10号(ハイシェン)の発生予測|歴史的な勢力で九州地方に直撃の予測!

続きを見る

台風11号の発生状況

台風11号の名前は「ノウル」です。

 

台風11号のたまごが発生しました。

 

▼台風対策には養生テープで窓ガラスの飛散を防止▼

米軍合同台風情報センターの台風11号の最新情報

jtwc-2020-11-6

合同台風警報センター(JTWC)の情報です。

 

9月15日には新しい台風のたまごが確認できました。

 

フィリピンを覆い隠すように90Wと書かれた赤丸が表示されています。これは24時間以内に台風が発生する可能性があるという表示です。

 

24時間以内に台風11号が発生する可能性があるので注意しましょう。

LOW 24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性は低い
MEDIUM 24時間以上かけて台風・熱帯低気圧になる可能性がある
HIGH 24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性が高い
→ 台風・熱帯低気圧

 

Windy.comの台風11号の最新情報

windy-2020-11-8

参照:Windy.com

Windy.comでの確認してみましょう。

 

15日時点ではたまごの発生を確認することはできませんが、16日にはフィリピンの西側にたまごが確認できます。

 

17日には台風となって18日にはベトナムへ接近していくことがわかります。

気象庁の台風11号の最新情報

jma-2020-11-3

参照:気象庁

気象庁でも16日以降に台風の発生を予測しており、ベトナムに向かっていく予測となっています。

 

台風11号の進路予想

16日には台風11号の発生が予想されます。

 

今回の台風11号はベトナムへ向かう予測のため、日本に直接影響はないことが予測されます。

 

台風11号(ノウル)は、19日午前3時にタイで熱帯低気圧に変わりました。

 

ただし9月は台風シーズンなので、こまめに情報をキャッチして今後の台風発生に備えましょう。

 

 

typhoon-information
【2020年の台風情報】発生状況と被害が起きた時の対策

続きを見る

過去の発生予測

jtwc-2020-11-3

参照:JTWC

上図は9月10日時点での合同台風警報センター(JTWC)の情報です。

日本の南の海上にある黄字で97Wと表示されているものが台風11号のたまごです。

 

jtwc-2020-11-4

参照:JTWC

こちらが9月11日時点での合同台風警報センター(JTWC)の情報です。

黄色だったものが赤色に変化しました。赤色は24時間以内に台風になる可能性があるというものです。

jtwc-2020-11-5

9月12日時点では台風のたまごの情報が変わりました。

97WだったものがTD12Wに発達したものの、このまま最も発達しても台風の規模にはならない熱帯低気圧となります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-自然災害
-, ,

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.