自然災害

【2020】台風15号(リンファ)のたまごが発生!米軍や気象庁の進路予想をチェック

typhoon-prediction

台風14号の今後の進路も気になるところですが、台風15号となる台風のたまごの状態も気になります。

 

台風15号の状況もチェックしていきましょう。

台風15号の発生状況

台風15号の名前は「リンファ」です。

 

現時点では台風15号は発生していませんが、台風のたまごの発生が確認されました。

 

今後の動向に注意しましょう。

 

▼台風対策には養生テープで窓ガラスの飛散を防止▼

米軍合同台風情報センターの台風15号の最新情報

jtwc-2020-15-1

参照:JTWC

合同台風警報センター(JTWC)を確認していきます。

 

TS16Wと表示されているものは台風14号です。

 

台風14号が日本へ接近しているため見落としてしまいがちですが、フィリピンの西の海上にある92Wが台風15号のたまごです。

 

24時間以上かけて台風へと発達していく可能性があるので今後の動向に注意しましょう。

 

LOW 24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性は低い
MEDIUM 24時間以上かけて台風・熱帯低気圧になる可能性がある
HIGH 24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性が高い
→ 台風・熱帯低気圧

 

Windy.comの台風15号の最新情報

windy-2020-15-1

参照:Windy.com

Windy.comでの確認していきましょう。

 

上図は10日の予測図です。

 

日本の南の海上に台風14号が接近していることが見て取れます。

 

一方でフィリピンの東の海上を見てみると小さく渦が巻いていることがわかります。

 

気になるのは今後の進路です。

windy-2020-15-2

翌11日には渦が大きくなって西へと進んでいることがわかります。

 

windy-2020-15-3

翌12日にはかなり勢力を拡大して台風15号へと発展していくことが予測されます。

 

日本とは距離が離れているため影響があるのか今後の情報に注意しておきましょう。

気象庁の台風15号の最新情報

jma-2020-15-1

参照:気象庁

気象庁が出している予測では現在接近している台風14号の情報しか出ていません。

 

今後の情報に注意しましょう。

 

台風15号の進路予想

現時点では台風15号は発生していないものの、台風15号のたまごが発生しています。

 

フィリピンの西の海上に台風のたまごはできており、今後も西へと勢力を拡大して台風15号へと発達していくことが予測されますが、今後予測が変わることもあります。

 

今後の動向に注意しておきましょう。

 

 

typhoon-information
【2020年の台風情報】発生状況と被害が起きた時の対策

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 




-自然災害
-, ,

Copyright© Kenboblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.